死を賭してiPhoneを創ったジョブズ~iPhone誕生物語(7)

スタンフォード大でのスピーチは、iPhoneを創ると決めた時期と重なっていた(写真:Shutterstock/アフロ)

■「iPhoneの父」、ジョブズ

「もし今日が人生最期の日だとして、これからやろうと思うことをしたいのか?」

演説するジョブズの前には、卒業式を迎えたスタンフォード大生たちが、真摯な眼差しを彼に向け、並んでいた。

「その答えが『ノー』という日が続くならば、何かを変えないといけないのです」

はじめiPhoneは、マルチタッチスクリーンではなかった。アイヴによる新iPodの斬新なデザインでケータイを創りたい。そう考えて始動したのが後のiPhone計画だった(前回)。

スマートフォンを創ると決めた翌日、ジョブズは、彼を説得したベルとランチミーティングを持った。テーブルにはアイヴもいた。話し合いの末、開発責任者はiPodの父トニー・ファデルで合意した。日本の音楽ケータイに脅威を感じて以来、ファデルはずっとiPodケータイの開発を主張してきた。

あの昼下がりのジョブズの姿を、強烈に覚えているとベルは言う。ミーティング中、眼に炎を湛えたジョブズは、半ダースあまりのアボカドを鬼のように喰っていたからだ(※1)。

彼はジョブズの死後、アイザックソンの伝記を読んで、あれは食事療法だったんだと初めて知った。癌と闘い抜き、命が尽きる前にiPhoneをやりとげてやると、ジョブズはアボカドを頬張りながら闘志を燃やしていたのだろう。

iPodのホイールスクロールで電話を考えろ、とジョブズは開発責任者のファデルに命令した。ブラックベリーに代表される、ボタンだらけの初期スマートフォンが大嫌いだったからである。

Mac、iPodでやったように、ユーザー・インターフェースのデザインで革新を起こす。それがAppleの勝ちパターンだった。

それから半年余りが過ぎた。ホイールスクロールは、どこかがしっくりこなかった。何かを変えないといけない。スタンフォード大生たちに説いたように、鏡の前でジョブズはそう自問していたかもしれない。アイヴが、ふたりだけで見せたいデモがある、と言ってきたのはそんな時だった。

アイヴが見せたのは、Mac用のマルチタッチスクリーンだった。

彼は、中止となったタブレット開発のチームを預かっていた。そして、Macのディスプレイ上でタブレットのようなマルチタッチをやったら、どんなユーザー・インターフェースになるか、密かにずっと試作していたのだ(※2)。

プロジェクタの照射する大画面上に、ソフトウェア・キーボード、ピンチやスワイプ、そして慣性スクロールの動きが、映しだされた。

「これが未来だな」

そう感嘆を漏らしながら、その動きを見ていた時だ。ジョブズの魂が、生涯最高のアイデアを彼の頭脳に囁いた。すぐ様、開発責任者のトニー・ファデルに電話をかけた(※3)。

「トニー、こっちに来てくれ」

そして、部屋に入ってきたファデルにこう言ったのだ。

「これでスマートフォンを創れるか?」

■マルチタッチスクリーン。未来の扉

▲スタンフォード大学で行ったスティーブ・ジョブズによる卒業式辞。歴史に残る名スピーチとなった。この時期に、ジョブズはiPhoneの元型を着想。音楽産業にアクセスモデルが誕生するきっかけを創った。死についての印象的な説話は8:48から。

それは2006年の半ばの出来事で、スタンフォード大の卒業式に登壇した時期と重なっていた。スピーチで、ジョブズは癌を患ったことを告白している。

「非常に稀なタイプの膵臓癌で、手術すれば直ると分かったのです。ありがたいことに今は元気です。人生で、死がいちばん近づいた瞬間でした」

嘘でも無く、本当でも無かった。体を切ることを恐れて、やれば治る手術を、彼は拒んでしまったからだ。いよいよ影が大きくなってメスを入れたが、手遅れだった。癌は転移していた。だから、マルチタッチスクリーンで行きたいと心を決めたとき、ジョブズは死と隣り合わせだった。

「周囲の期待、プライド、失敗と狼狽。そうした全ては、死を前にすると消え失せます。そうして本当に大切なものだけが残るのです」

幹部たちの全員が両手を挙げて賛成したわけではなかった。恐れたのは、消費者の反応だった。市場では、携帯電話のテンキーからいっそうボタンを増やしたブラックベリーのようなスマートフォンが一世を風靡していた。それが消費者の選択だった。

そもそも2005年の段階でiPhoneを、今ある形にすることは不可能に近かった。

まず2本指で動く静電容量式の小型液晶タッチパネルは、世に存在しなかった。マルチタッチのGUIを実現できるモバイルOSも無ければ、OSを創ったとしても動かすパワーを備えたモバイル用のCPUも存在し無かった。

だが、それでもやるべきだ。

「じぶんは死ぬ。そう意識することは、人生最大の選択を迫られた時、いちばん助けになったツールでした」

ジョブズは残りの命を費やし、不可能に挑戦すると決めた。マルチタッチスクリーンは、ポストPCのユーザー・インターフェースに最も相応しかったからだ。恐れをなす幹部たちに、彼は言い聞かせた(※4)。

「物理キーボードは簡単な答えだ。だが、こいつがいろんなものを抑圧してるんだ。ソフトウェア・キーボードをスクリーン上で実現したら、どれほどのイノヴェーションが起こりうるか。それを考えてみろ」

事実だった。モバイル・アプリはこれまで、物理キーボードの鎖に繋がれていた。だがマルチタッチスクリーンならボタン連射からも解放され、アプリは自在にインターフェースをデザインできるようになる。

指先だけで自在に操るモバイル・アプリは、ひとびとが夢中になる魔法のようなルック・アンド・フィールを提供してくれるだろう。

「こいつに賭けるぞ。なんとしても実現する道を見出すんだ」

モバイル・アプリの時代へ連なる扉が開かれた。この瞬間、複製権ビジネスの崩壊で音楽産業の陥ったパズルを解くピースが、またひとつ揃ったのである。

これから解き明かす歴史は、違法アップロードに苦しむマンガ業界や放送業界にとっても福音となるのではないだろうか。

(続く)

本稿は「未来は音楽が連れてくる Part 2 スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの (OtoBon)」の続編(夏 発売予定)をYahoo!ニュース 個人用に書き直した記事となります。

関連記事:

シリコンバレー史上、最も重要な倒産企業~iPhone誕生物語(2)

iPhoneを予感していた29歳のジョブズ~iPhone誕生物語(1)

iTunesストア誕生の裏でSonyに起きていたこと~スティーブ・ジョブズが音楽産業にもたらしたもの(5)

なぜiTunesは救世主とならなかったのか~スティーブ・ジョブズが世界の音楽産業にもたらしたもの(7)

※1 Vogelstein, "Dogfight", pp.30

※2 Isaacson "Steve Jobs", pp.538

※3 Vogelstein, "Dogfight", pp.33

※4 Isaacson "Steve Jobs", pp.469