ドイツで大戦中の戦車が押収される騒動

ドイツの村で、大戦中の戦車や高射砲、魚雷などが発見され、警察に押収される騒動が起きています(下はYoutubeより)。

ドイツのシュピーゲル紙が伝える所によれば、ドイツのキール湾に面したハイケンドルフ村で、地下室から大戦中のパンター戦車、88ミリ高射砲、魚雷といった兵器が発見され、警察や軍が出動する騒ぎになっています。

押収された兵器の状態は外目にはかなりよく、戦後にスクラップ名目で手に入れたものを、そのまま隠し持っていたようです。1日には魚雷が押収されましたが、パンター戦車の押収にはドイツ連邦軍の戦車回収車が必要で、戦車は翌2日に押収されたようです。

なんともすごい話ですが、押収されたものが国なりに没収になるなら、ぜひ博物館で展示して欲しいものです。