WWFがオオカミ射殺阻止のためにノルウェー政府をまた提訴 57頭中42頭処分か

オオカミ射殺を巡り、裁判所での争いが続く(写真:アフロ)

ノルウェーの野生オオカミの射殺をめぐり、ノルウェー政府と動物愛護団体の対立が終わりを見せそうにない。

国内で生息する「純ノルウェー」オオカミの57頭中42頭を射殺するために、冬の射殺許可を出していたノルウェー政府。

世界自然保護基金WWFノルウェーは、オスロ地方裁判所に政府を訴える。11月21日、最終的な判決がでるまで、狩猟を一時中断するように裁判所は政府に言い渡した。

政府は「狩猟許可が必要だとする理由」の文章を一部変えた。射殺頭数をわずかに減らし、12月1日、新たな狩猟許可を出したことを発表。

13日、WWFはその狩猟許可を止めるために、改めて政府を裁判所に訴えたと発表した。

ノルウェーでは、狩猟地域がオオカミゾーンの「外」(人間や家畜などが優先)か、「内」(オオカミが優先)かの区別が重要となる。

オスロ地方裁判所の判断がクリスマス前までに出ない場合、オオカミゾーンの「外」での狩猟は12月21日から(射殺対象12頭。すでに5頭は射殺済みのため、WWFが守ろうとしているのは残りの7頭)。ゾーンの「内」での狩猟は、1月1日から開始される(射殺対象16頭)。

残りの他の地域に生息する14頭は、すでに射殺対象として決定している(WWFは止めることができない)。

よって、政府が処分したい数は、合計で42頭となる。

WWFノルウェーは、「バカげたことだが、また提訴しなければいけない」とコメントしている。

データ

Text: Asaki Abumi