ノルウェー保健局「ノンフィルターコーヒーの飲みすぎに注意!」→人々の反応「嘘だ」

ペーパーフィルターで濾過していないコーヒーはコレステロール値を上げるそうだ

ノルウェー保健局が、ペーパーフィルターで濾過していないコーヒーはコレステロール値が上がるため、飲みすぎに注意と発表した。

保健局は心血管疾患予防の食事に関する新ガイドラインで、できるだけ避けたほうがいい飲み物として、ノンフィルターコーヒーを追加。

保健局が指すノンフィルターコーヒーとは、フレンチプレス、エスプレッソ、カプセル式マシンやケトル(やかん)で沸かすコーヒー。

ペーパードリップは大丈夫

ペーパードリップはコーヒーフィルターなので大丈夫とのこと Photo:Asaki Abumi
ペーパードリップはコーヒーフィルターなので大丈夫とのこと Photo:Asaki Abumi

LDLコレステロールを上げるコーヒーオイル(カフェストール)を含まなければ大丈夫。ペーパーフィルターとインスタントコーヒーは、飲んでも問題ないそうだ。

保健局によると、国民全体ではLDLコレステロール値は10%上がっている。ノンフィルターコーヒーを数週間にわたり飲んだ人を調査した結果、その数字は30%上昇(ノルウェー国営放送局NRK)。

520万人のノルウェー人口のうち、200万人はコレステロールの数値が高いとされる。

コーヒーの飲み方を保健局が心配するのは、ノルウェー人がコーヒーを愛しているから

コーヒーの飲み方が大きく報道されるのは、コーヒー大国ならではといえる。

ノルウェーコーヒー連盟によると、18歳以上の10人中7人が毎日コーヒーを飲んでいる。

コーヒー好きは1日に3,7杯、国民全体では3,1杯を消費していることになる。最もコーヒーの消費量が多いのは45~59歳、北部在住者。

10人中4人は、フレンチプレスかカプセルマシンでコーヒーを淹れている。

ノルウェーは1年の半分ほどが冬のような寒さで、暗い。

寒く・暗くなる北部ほど、コーヒーを飲むようになる。自然へと出かける人も多いため、週末は山でケトルで淹れる人も多い。

筆者の取材先で頻繁に目にする外コーヒー。これもアウトらしい Photo: Asaki Abumi
筆者の取材先で頻繁に目にする外コーヒー。これもアウトらしい Photo: Asaki Abumi

ペーパーフィルターは、日本ほどノルウェーではまだ一般家庭では浸透しておらず、オスロでは「最新トレンド」となっている淹れ方だ。

高齢者もコーヒーを飲むのが当たり前。

保健局が注意喚起をするまで心配する背景には、コーヒーが日常生活で必需品となっているお国事情が関係している。

「嘘だ、そんな話は信じない」

報道したNRKの記事のコメント欄では、「そんな話は信じない」という反応で溢れていた。

「ははは!それだったら、森で仕事している人や、アウトドアが好きな人はもう身体を壊しているじゃん」

「嘘だ」

「塩も砂糖もとりすぎるとダメ。口に入れるものは、ほとんど危険」

「次は保健局は何を注意してくるんだろう」

Photo&Text: Asaki Abumi