H&Mがデンマークで毎年12トンの売れ残り衣類を焼却処分 テレビ局が報道

サステイナブルを意識しているとされる北欧大手ファッションブランドH&M(写真:ロイター/アフロ)

15日、デンマークのテレビ局TV2の番組は、スウェーデンの大手ファッションブランド「H&M」が、2013年から毎年12トンほどの売れ残りの衣類を焼却処分していると報道した。

焼却施設場所はデンマークにある都市ロスキレ。

テレビ局のジャーナリストの取材では、値札がついた新品のジーンズなども焼却物として発見された。

H&Mデンマークの広報担当は、テレビ局に対して、焼却された衣類は健康・安全面に問題があったからだと説明。テレビ局は衣類を検査したが、細菌などは発見されなかった。

デンマークでのニュースは、北欧隣国でも報じられている。

ノルウェー国営放送局に対し、H&Mノルウェーの広報は、衣類が焼却施設に送られることは稀であり、デンマークのテレビ局よりもH&Mは厳しい検査基準を導入しているためだと反論した。

スウェーデン国営放送局での記事では、「責任ある企業としてのH&Mに対する信頼度はそもそも低いので、デンマークで服を燃やしていることには驚かない」という地元の人の声も紹介されている。

H&Mは古着回収サービスを導入するなど、サステイナブルなブランドである売り出していた。北欧の各局はこのことを皮肉と捉え、「ファッションにはルールはない。ひとつを除いては。あなたの服をリサイクルしよう」というH&Mの宣伝文句を記事で引用している。

北欧各国での報道(一部の記事では、動画で焼却施設の様子が閲覧可能)

Text: Asaki Abumi