ノルウェーコーヒー界の伝説の人、ティムが伝えたいこと

北欧のコーヒー界を代表する1人、ティム・ウェンデルボーPhoto:A Abumi

ノルウェーを代表するスペシャルティコーヒー界の「神様」的存在といえば、ティム・ウェンデルボー氏。グリーネルロッカ地区にはコーヒーショップ「Tim Wendelboe」があり、世界中からコーヒー好きの旅人がやってきます。ティムといえば、コーヒー農家を頻繁に訪れ、世界中を周りながらイベントのために出張しているため、ノルウェー国内にいることは稀。

コーヒー業界では、「カッピング」という味見会が開催されることがあるのですが、オスロ各地のカフェでは一般向けにも無料で開催されています。なんと、今回はフグレン・オスロでのカッピングで、ティム本人が登場!

これはどれだけすごいことか?私はノルウェーで暮らし始めて9年目。コーヒーイベントの情報は多く知っているほうなのですが、業界関係者ではなく一般人向けの現地カッピングで、ティム本人がホストをしているのを初めてみました。

コーヒー農家や適正価格、カッピングの仕方を分かりやすく説明するティム
コーヒー農家や適正価格、カッピングの仕方を分かりやすく説明するティム

通常であればカッピングは自由参加ですが、今回はティム本人がくるという異例の事態。狭い会場が混雑しないように、その日の朝から限定の参加チケットが配布され、午前11時にはもう配布終了していたそうです。ティム本人からコーヒーの話を聞けるなんて、なんて贅沢。しかも無料。

コーヒー1杯は安くて当然?

ケニア、コロンビア、エチオピアなどの国では、農家の人々が一生懸命にコーヒーを栽培しており、その人々がいるから私たちはおいしいコーヒーが飲めます。1杯の価格が安すぎると、農家の人々が最低限の基準で現地で暮らす収入を得ていない可能性があります。だからこそ、なぜコーヒーの仕入れ情報などが透明に公開され、信頼できるブランドを選ぶべきか。ティムはこれまでもずっとそのことを伝え続けてきました。

Instagram @timwendelboe
Instagram @timwendelboe

上の写真はティムの公式インスタグラムより。農家の人々がどのような生活環境にあるかを頻繁に伝えています。かつては老朽化した小さな家で、電気もない状態で暮らしていた家族ですが(写真上の家)、収入を基にやっと新しい家が立ち、子ども部屋、新しいキッチンなどができました(写真下の家)。「これが私たちがコーヒーにもっと多くのお金を払う理由です」とティムは書いています。

コーヒーの好みは人それぞれ

エチオピアからのHUNKUTEコーヒー。ベルガモット、レモン、ジャスミンの味
エチオピアからのHUNKUTEコーヒー。ベルガモット、レモン、ジャスミンの味

オスロのコーヒーといえばライトローストで酸味が特徴的。ティム・ウェンデルボーから販売されている数種類の豆の中には「HUNKUTE」があります。これもスカンジナヴィア独特のライトローストコーヒー。しかし、「酸味は苦手」という人も中にはいます。

「私はこのコーヒーを素晴らしいと思っていますが、母はどうやら嫌いなようです。コーヒーではなくて、お茶のような味がするってね。アールグレイティーのような味がエチオピア」と笑いながら話すティム。私がオスロで飲むコーヒーがおいしいと思う理由が、まさにこの「お茶のような味」だから。何年も前に、オスロでフグレン・トウキョウのマネージャーである小島賢治さんとティムの店でコーヒーを飲んだ時、「紅茶のような味ですね!」と口にしたことを覚えています。

「おいしい」の基準は人それぞれなので、自分がコーヒーを飲む時間を楽しいと思えるテイストに出会えるのが一番。北欧各国ではコーヒーは頻繁に飲むもの。コーヒーとの暮らしが楽しめると、毎日のワクワクがちょっとだけ増えるかもしれません。

北欧コーヒーの流行発信地、オスロのカフェ最新事情。エスプレッソは誤解されている?

北欧独特の「酸味」コーヒーが苦手。戸惑う人々に、新しい楽しみ方を提供