写真で振り返る決戦の投票日!「誰に投票した?」NYの人々に聞いてみたら・・・【米大統領選】

(c) Kasumi Abe

11月3日、アメリカではいよいよ大統領選の投開票日を迎えた。

ニューヨークでも1日中、大統領選のニュースで持ち切りだった。しかし今年はコロナ禍における選挙ということで、例年に比べてやや違う空気も漂った。

市内では110万人が期日前投票をしたと報道されている。それが功を奏してか、まず投票所はスタッフの数ばかりが目立ち、どこも空いていた。道行く人の情報では「ハーレムの投票所は行列ができていた」というのもあったので、あくまでも「一部を除き」ということになるだろう。

筆者は1箇所の投票所の入り口部分で、中の様子を見ることができた。そこでも、投票に来た人はほんの数名で、スタッフの数の方が多かった。投票ブース同士は6フィート(約2メートル)を大幅に上回るほどの十分な距離が保たれていた。投票所自体が広いので「ガラガラ」な印象をさらに助長していた。また投票所の管轄を行う選挙管理委員会オフィスも訪れたが、ここも混雑した様子はなかった。

「老人ホームに入居している母のために投票用紙をもらいに来たのに、昨日で締め切られたみたい」と肩を落として帰る女性がおり、一部で混乱もみられた。

投票所に入るために並んでいる数人。(すべて11月3日撮影)(c) Kasumi Abe
投票所に入るために並んでいる数人。(すべて11月3日撮影)(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
マディソン・スクエア・ガーデンもこの日は投票所に。(c) Kasumi Abe
マディソン・スクエア・ガーデンもこの日は投票所に。(c) Kasumi Abe

また例年であればこの日は多くの人が胸元やバッグなどに「投票しました」シールを貼っている姿を見かけるのだが、今年はそのシールを貼っている通行人もほんの一部だった。

コロナ禍におけるニューヨーク市内の大統領選は、うまく実施できたのではないだろうか。

投票した人に配られるシール。今年は選挙日のこの日に貼っている人が少ない印象。(c) Kasumi Abe
投票した人に配られるシール。今年は選挙日のこの日に貼っている人が少ない印象。(c) Kasumi Abe

一般有権者に聞きました。「誰に投票した?」

投票所から出てきた一般有権者に、誰に投票したかを聞いてみた。

ニューヨークは民主党寄りなので、質問した人全員が「バイデン」だった。理由としては以下のようなものが多かった。

  • もちろんバイデンに投票。ほかの候補者は自分の選択肢に一切なし。
  • トランプはLGBTQ、女性、移民に対してひどい差別主義者だ。
  • トランプはひどい。史上最悪の大統領。
  • 素晴らしいビジネスマンだが国のリーダーには適していない。
  • この国が分断したのはトランプのせい。
  • バイデンも理想の大統領とは言えない。物忘れもひどくなっている。それでもトランプよりマシ。
  • 変化の時だからバイデンに票を入れた。
  • LGBTQや中絶の権利を守るバイデンが、私たちZ世代には必要。
  • トランプは納税で嘘をついていると思う。
「トランプは差別がひどい。史上最悪の大統領」。バイデンに投票した、ブランカさん。(c) Kasumi Abe
「トランプは差別がひどい。史上最悪の大統領」。バイデンに投票した、ブランカさん。(c) Kasumi Abe
「私は元ソーシャルワーカーだから、トランプの移民政策、特にICEは許せない」。バイデンに投票したアネッテ・ヌニエーズさん。(c) Kasumi Abe
「私は元ソーシャルワーカーだから、トランプの移民政策、特にICEは許せない」。バイデンに投票したアネッテ・ヌニエーズさん。(c) Kasumi Abe
「トランプはひどいリーダー。(悪事は)全部記録に残っている。今こそ民主党に戻す時」。バイデンに投票したウォルト・ホッジさん。(c) Kasumi Abe
「トランプはひどいリーダー。(悪事は)全部記録に残っている。今こそ民主党に戻す時」。バイデンに投票したウォルト・ホッジさん。(c) Kasumi Abe
「LGBTQや中絶の権利を守るバイデンがZ世代には必要」。バイデンに投票したキャシー・ボスさん。(c) Kasumi Abe
「LGBTQや中絶の権利を守るバイデンがZ世代には必要」。バイデンに投票したキャシー・ボスさん。(c) Kasumi Abe
防護板の張られた様子を観て肩を落としたエドアードさん(右)とラムネさん。2人はバイデンに期日前投票した。(c) Kasumi Abe
防護板の張られた様子を観て肩を落としたエドアードさん(右)とラムネさん。2人はバイデンに期日前投票した。(c) Kasumi Abe

民主党寄りのニューヨークでは予想通りと言うべきか、筆者が聞いた人はすべてがバイデンに投票し、その多くの理由は「トランプが嫌い」というものだった。

これは人間の性(さが)だが、他人を褒める際はそれほど熱意が入らないかもしれないが、非難する場合は嫌いな要素をことごとく論いがちになる。時にはヒートアップすることも。

私は反トランプ派の意見を聞きながら、“もし”自分がトランプを支持していたならば、『ここでは自分の気持ちを隠しておこう』と思い、投票所でそっとトランプにチェック印を入れるだろう」と思った。つまりニューヨーク州にもいるとされる「隠れトランプ」の気持ちがわかった気がしたのだった。

トランプ支持者はどこ?トランプタワーへ

あまりにもトランプ支持者に出会えないので、「投票しましたシール」を貼っている人に「トランプに投票した人を探している」と直接聞く声のかけ方に変えてみた。

1人だけ早足で親指を立てながら「(トランプに)投票したよ」という男性と出会ったが、彼はそれ以上を語らず、すぐにその場から立ち去ってしまった。

道行く人が「ニューヨークでトランプ支持者に会うには、アッパーイーストサイド(高級住宅街)か『あそこ』じゃない?」と教えてくれた、五番街のトランプタワーに向かってみた。ここは4年前の大統領選で、私が道ゆく人にインタビューした場所だ。「私はヒラリーには投票していない」と答えた人ばかりで驚いた記憶がある。

トランプは大統領になる前、主にここに住んでいた。いつもながらに厳重な警備体制だ。(c) Kasumi Abe
トランプは大統領になる前、主にここに住んでいた。いつもながらに厳重な警備体制だ。(c) Kasumi Abe

ここでやっとトランプ支持者に出会えた。大きな旗を掲げた人や、仮装した人、「トランプ仕様」の黒塗り車を走らせている人など、なかなか個性派ぞろいだ。

ここでも、なぜトランプに投票したのかその理由を尋ねると、以下のようなものが多かった。

  • トランプは国土の安全を守ってくれ、より強い国にした。
  • トランプは実績を残した。国の経済力を保ちこの4年で雇用数も増やした。
  • コロナ対策はできる範囲のことをしてくれている。
  • トランプは言われているような差別主義者ではない。
  • 民主党に落胆し、今回初めて共和党に投票した。
  • トランプはフェイクな大統領なんかじゃない!
「女性のためのトランプ」の旗を掲げた、トランプ派の女性。(c) Kasumi Abe
「女性のためのトランプ」の旗を掲げた、トランプ派の女性。(c) Kasumi Abe
「トランプは差別主義者ではない。バイデンが94年、立案に関わった犯罪法こそ黒人にフェアではない」と、トランプに投票したスーザンさん(左)。「もうあと4年トランプ」とマリオさん。(c) Kasumi Abe
「トランプは差別主義者ではない。バイデンが94年、立案に関わった犯罪法こそ黒人にフェアではない」と、トランプに投票したスーザンさん(左)。「もうあと4年トランプ」とマリオさん。(c) Kasumi Abe
「この国に共産主義/社会主義化は不要」と、トランプに投票したディミック・マルティネスさん。(c) Kasumi Abe
「この国に共産主義/社会主義化は不要」と、トランプに投票したディミック・マルティネスさん。(c) Kasumi Abe

上がってきた理由は、トランプを擁護したものが多かった。トランプに投票したのは、バイデンが嫌いだからではなく、「トランプのことが本当に好きで支持する」から投票したようだ。

そのほか、この日の様子

トランプタワー周辺に現れた仮装した人。(c) Kasumi Abe
トランプタワー周辺に現れた仮装した人。(c) Kasumi Abe
全身が「愛国心の塊」の男性。(c) Kasumi Abe
全身が「愛国心の塊」の男性。(c) Kasumi Abe
投票所では、無料フードが振る舞われる姿も。(c) Kasumi Abe
投票所では、無料フードが振る舞われる姿も。(c) Kasumi Abe

トランプタワー前では、トランプ支持グループとバイデン支持グループがやりあう場面も見られた。

選挙結果によっては、暴動が起こるかもしれないとして、店の多くは「再び」防護板を昨日から取り付け始めた。店の人に話を聞くと、「木曜日まで閉店する」ところから「昼間は通常営業だけど、夜間の略奪防止のため」とさまざまだ。

平和に無事に、今年の大統領選が終わることを願うしかない。

(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe
(c) Kasumi Abe

(Text and photo by Kasumi Abe) 無断転載禁止