Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

激戦の東京五輪男子100m切符争いに異変?…9秒台出ずとも桐生祥秀が大会1年前に新国立で優勝した意味とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

新国立で開催のセイコーゴールデンGP男子100mを制したのは桐生祥秀(真ん中)。ケンブリッジ飛鳥(右)は2位だった(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

【関連記事】

最終更新:
THE PAGE