Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マジョルカ久保建英が衝撃の再開後初ゴール!欧州で評価急上昇中の”和製メッシ”の来季はどうなる?

配信

THE PAGE

 ハーフウェイライン付近からドリブルを開始しながら、RCDマジョルカのMF久保建英は何度も逆サイドへ視線を送った。左側をフォローしてくる味方はいない。ならば、自らフィニッシュに持ち込むしかない。ペナルティーエリア内の右へ侵入したところで、利き足とは逆の右足を振り抜いた。  観客のいないホーム、エスタディ・デ・ソン・モイシュにレバンテUDを迎え、日本時間10日未明にキックオフされたラ・リーガ1部第35節。奇跡の残留を目指す18位のマジョルカが1-0でリードしたまま迎えた後半39分に、眩い輝きを放った久保が満開の笑顔を弾けさせた。  久保が放った強烈な一撃は、横っ飛びしたレバンテのGKアイトール・フェルナンデスのビッグセーブに阻まれた。しかし、こぼれ球を味方が必死につなぎ、今度は真正面からMFサルヴァ・セビージャがシュート。再びフェルナンデスが防ぎ、追加点を奪うチャンスは潰えたかに思われた。  次の瞬間、まるで気配を消すように右サイドからゴール前へ侵入してきた久保が、相手選手たちの間に割って入って左足をこぼれ球にヒットさせる。8試合ぶりに、新型コロナウイルスによる中断から再開された後では初めて決めた今シーズンの4ゴール目。ビセンテ・モレーノ監督ら首脳陣が狂喜乱舞するベンチ前へ駆けていった久保は、ペコリとお辞儀をした後にもみくちゃにされた。  11試合連続で先発した久保は、お役御免とばかりに直後にベンチへ下がった。数分後に見届けた9勝目とともにマジョルカは勝ち点を32に伸ばし、日本時間11日未明にレアル・マドリード戦を控える、残留圏の17位につけるアラベスに勝ち点で3ポイント差に肉迫した。  新型コロナウイルスによる長期中断を余儀なくされた今シーズンも残り3試合となった。12日のセビージャFC戦、15日のグラナダCF戦、19日のオサスナ戦で1年目の戦いを終え、マジョルカとの契約も満了するなかで、4ゴール4アシストをマークしている久保の去就が大きな注目を集めている。

【関連記事】