お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索

高倉照幸さん死去 83歳 西鉄の黄金期「切り込み隊長」

高倉照幸さん死去 83歳 西鉄の黄金期「切り込み隊長」

…。16年からライオンズOB会長を務めていた。=2018/02/13付 西日本新聞朝刊=…

2月13日(火) 7時12分-社会(西日本新聞

「子連れで美術館に行くのは何歳から?」おしゃべりOKの日が好評、取り組み広がる

「子連れで美術館に行くのは何歳から?」おしゃべりOKの日が好評、取り組み広がる

静かに鑑賞するのがマナーとされる美術館。年齢制限を設けている美術館はほとんどないが、実際は小さな子ども連れだとなかなか行きづらい。そんな中、子連れでも美術鑑賞を楽しんでもらおうと、おしゃべりOKの日…

2月12日(月) 11時10分-社会(西日本新聞

第1号の男性保育士、30年経て見えてきたもの

第1号の男性保育士、30年経て見えてきたもの

保育士不足が深刻化している。福岡県久留米市も例外ではなく、保育所に入れない待機児童数は59人(昨年4月時点)で、保育所定員を満たしていないにもかかわらず、人材難を理由に入所を拒まれている。市立大城保…

2月12日(月) 9時10分-社会(西日本新聞

消防士がドローン習熟に奮闘 山火事の焼失面積も即座に測定 「先進事例」に国も注目

消防士がドローン習熟に奮闘 山火事の焼失面積も即座に測定 「先進事例」に国も注目

大分県の中津市消防本部は、火事や自然災害の被害予測や分析、測量などに対応するため、小型無人機「ドローン」の活用法の研究を進めている。総務省消防庁も先進事例として注目しており、同本部は「いろんな事態に…

2月12日(月) 7時20分-社会(西日本新聞

白髪染め、美容室に行く最適な頻度は? 黒々染めるとかえって不自然に…

白髪染め、美容室に行く最適な頻度は? 黒々染めるとかえって不自然に…

年齢と共に増える「髪」の悩み。特に白髪は染めてもすぐに伸び、手間もお金もかかる。できるだけ楽に手入れするポイントを、ヘアケアの民間資格「ヘアケアマイスター」に認定されている美容師、辻泰行さん(32)…

2月11日(日) 11時10分-社会(西日本新聞

「甘みがある」飢餓でダイナマイトも口に 火野葦平が記録した従軍記を刊行

「甘みがある」飢餓でダイナマイトも口に 火野葦平が記録した従軍記を刊行

太平洋戦争時、陸軍報道班員としてインド・インパールの攻略作戦などに従軍した北九州市若松区出身の芥川賞作家、火野葦平(1906~60)が、約4カ月に及ぶ前線の様子を記録した手帳6冊を原文のまま活字化し…

2月11日(日) 10時50分-社会(西日本新聞

高級万年筆にネット資金が殺到 目標の17倍2700万円 賛同者は海外から、人気のワケとは?

高級万年筆にネット資金が殺到 目標の17倍2700万円 賛同者は海外から、人気のワケとは?

大分県豊後高田市の輸入雑貨販売「ワンチャー」が、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディング(CF)を活用して、胴体部分に日本の漆塗りや蒔絵(まきえ)を施した高級万年筆の販売に乗り出した。

2月11日(日) 7時20分-社会(西日本新聞

<バレンタイン>小麦アレルギーの子に贈る手作りお菓子、注意点は?

<バレンタイン>小麦アレルギーの子に贈る手作りお菓子、注意点は?

14日のバレンタインデーに向けて、小麦アレルギーのある息子のためにお菓子を手作りしようと思います。どんなことに気を付ければいいですか。 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していき…

2月10日(土) 11時10分-社会(西日本新聞

「何度も何度も書き直した」18歳が作った歌に涙 2高校生死亡の飲酒運転事故7年

「何度も何度も書き直した」18歳が作った歌に涙 2高校生死亡の飲酒運転事故7年

福岡県粕屋町で2011年、高校生2人が飲酒運転事故の犠牲になってから、9日で7年になる。事故を風化させまいと、福岡市早良区にあるC&S音楽学院高校コース3年の伊藤百花(ももか)さん(18)が、イメー…

2月10日(土) 9時13分-社会(西日本新聞

戦死の息子を生涯思い続けた父 親族50人で五十回忌 「家族の戦争」一つの区切りに

戦死の息子を生涯思い続けた父 親族50人で五十回忌 「家族の戦争」一つの区切りに

「海軍飛行兵曹長 浅山靖夫ノ家」。自宅玄関先に幼い頃、兄の名を大書した板が掲げられていたのを、浅山和生さん(71)=福岡県みやま市=はよく覚えている。書いたのは父、伝蔵さん(1972年死去)。太平洋…

2月10日(土) 7時40分-社会(西日本新聞