子ども病死原因トップ「小児がん」 治療進歩し7~8割は生存可能

子ども病死原因トップ「小児がん」 治療進歩し7~8割は生存可能

…で、各診療科の医師、看護師、院内学級・保育、こころの相談医・臨床心理士、薬剤師、ソーシャルワーカー、各種団体などが協力して、晩期合併症やさまざまな心理…

8月21日(月) 11時47分-ヘルス(山陽新聞デジタル)

広がる「パーソナル」な健康管理サービス(1) AI活用、最適サプリを提案

広がる「パーソナル」な健康管理サービス(1) AI活用、最適サプリを提案

…薬とサプリメントの相互作用をAIが分析する。患者が服用している薬の情報を薬剤師がタブレット端末から入力すると、服用薬と相性の良くないサプリメントや、飲…

8月21日(月) 11時12分-産業(健康産業新聞)

「がん哲学外来」 群馬の病院や旅館で広がり 不安語り合い悩み解消へ

「がん哲学外来」 群馬の病院や旅館で広がり 不安語り合い悩み解消へ

…地元住民が集まる面談やカフェ、講演会を始めた。前橋市では乳がん経験がある薬剤師の吉江福子さんが自宅の一部を改装し、カフェやレストランを開いている。 こ…

8月21日(月) 6時5分-群馬(上毛新聞)

「前に処方された抗生物質」残っていても、使用は厳禁!

「前に処方された抗生物質」残っていても、使用は厳禁!

…性菌」が出現することになります。残っている抗生物質は飲んじゃダメ!医師・薬剤師は、「耐性菌」が生まれないように用法・用量や服用期間を調節して抗菌薬を処…

8月18日(金) 11時30分-ライフ総合(ホウドウキョク)

子供たちが病院の仕事体験 大阪母子医療センターでセミナー

…視鏡手術や救命救急医の仕事を体験した。医師以外にも、看護師や理学療法士、薬剤師などの仕事を体験するコースがあり、参加者らは真剣な表情で病院の仕事を学んでいた。

8月18日(金) 7時55分-大阪(産経新聞)

併用禁忌の薬剤投与で胃から出血も - 医療機能評価機構が注意喚起

…関では、添付文書が改訂されて新たに併用禁忌となった薬剤の情報を得た場合、薬剤師が各診療科に情報を周知したり、薬剤マスターの更新を速やかに行い、アラート…

8月16日(水) 12時0分-社会(医療介護CBニュース)

<Uターンラッシュ>中国自動車道に光の帯

<Uターンラッシュ>中国自動車道に光の帯

…。 関西国際空港も混雑した。旅行先のドイツなどから帰国した滋賀県草津市の薬剤師、加納裕介さん(37)は「サッカー観戦を楽しめた。帰宅後はやり残した仕事…

8月15日(火) 21時6分-社会(毎日新聞)

糖尿病患者支えたい 県内専門医らNPO設立

糖尿病患者支えたい 県内専門医らNPO設立

…がスタートした。専門医らがNPO法人を設立し、講習と試験を行って看護師や薬剤師らを療養指導士に認定。糖尿病を専門としない開業医をサポートする人材を育て…

8月13日(日) 0時42分-富山(北日本新聞)

抗がん剤の残薬活用へ 医療費、数百億円削減 厚労省が安全基準

…ずつ使ったことにして医療費を請求しているケースが確認されている。日本病院薬剤師会の調査では、こうした事案で過大に医療費を受け取っている医療機関が18%…

8月12日(土) 7時55分-社会(産経新聞)

前橋で薬剤師会学術大会、横山秀夫氏らが講演

日本病院薬剤師会関東ブロックは、第47回学術大会を開催するのに伴い、26日に前橋市日吉町のベイシア文化ホールで、作家の横山秀夫氏と温泉医学の研究者、…

8月12日(土) 7時55分-群馬(産経新聞)