Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今井佐緒里

今井佐緒里

認証済み

欧州/EU・国際関係の研究者、ジャーナリスト、編集者

報告

合法化といっても、色々ある。 欧州ではシェンゲン協定を結んでいる国は、まるで国内を移動するように自由に人と物が移動できるが、それでも対応は分かれている。 オランダのように合法の国、スペイン・ポルトガル・イタリア・ベルギー等のように犯罪ではない国、ドイツ等のように違法だが罰則が適用されないことがある国、フランスのように完全に違法な国などだ。 さらに、吸うことの許可と栽培の許可は別問題。医療用を許可するか否かという判断もある。 このように各国は自分の国の政治をしている。もちろん完全に押し通すことは難しく、影響は徐々に浸透しあう。違法のフランスでも、自宅や学生の夜のパーティーなどで吸っている場面はあると思うし、怪しい店もある。それでも法律の威力というのは、とてつもなく大きい。 医学的な研究結果や、外国の対応を見つつ、日本は自分の国の事情に最もあった政策を、毅然と行えばいいだけだと思う。

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった205

同じ記事に対する他のコメンテーターコメント

  • 猪瀬聖

    ジャーナリスト/翻訳家

    来年1月5日にジョージア州で行われる予定の、上院最後の2議席を決める決選投票の結果、かりに2議席とも…続きを読む

コメンテータープロフィール

今井佐緒里

欧州/EU・国際関係の研究者、ジャーナリスト、編集者

フランス・パリ在住。追求するテーマは異文明の出合い、EUが変えゆく国際社会、平等と自由。社会・文化・国際関係等をテーマに執筆。ソルボンヌ大学(Paris 3)大学院国際関係・ヨーロッパ研究学院修士号取得。日本EU学会、日仏政治学会会員。編著に「ニッポンの評判 世界17カ国最新レポート」(新潮社)、欧州の章編著に「世界が感嘆する日本人~海外メディアが報じた大震災後のニッポン」「世界で広がる脱原発」(宝島社)等、Association de Presse France-Japonメンバー。仏政府組織で通訳。出版社の編集者出身。 早稲田大学卒。ご連絡 saorit2010あっとhotmail.fr

今井佐緒里の最近のコメント