松尾/アフロスポーツ

瀬戸大也「引退するまで一緒に戦う」―― 戦友・萩野公介の涙で強まったふたりの絆

2017/10/29(日) 10:43 配信

アスリートが成長していくプロセスで不可欠なのが、競争相手である。いわゆるライバルだ――。

うまく、強く、大きい相手ほど、その存在価値は大きい。だが、両者のレベルがかけ離れていると、それは憧れでしかなくなってしまう。紙一重の実力を持ち、戦いのレベルは世界基準。瀬戸大也にとって、萩野公介は、まさにそんな存在だ。

ライバルであり、友人であるふたりが歩んできたライバル関係とは、どんなものだったのだろうか。その関係は、どのように変化しつつあるのだろうか。そして、瀬戸にとって萩野とは、どんなライバルなのだろうか。(ライター・佐藤俊/Yahoo!ニュース 特集編集部)

(撮影:梁川剛)

ライバルの定義

ライバル――好敵手。

一般的には、勝負の世界で火花を散らして戦う宿敵、だろうか。

しかし、瀬戸大也にとってライバルの定義はちょっと違う。

「自分のライバルは、海外の選手ではなく、国内の同級生なんですが、完全な敵でバチバチやりあうという感じじゃないですね。お互いを理解しあい、尊重しあって高めあえる存在であり、友人であり、世界で一緒に戦っていく戦友です」

その戦友とは、萩野公介である。

ロンドン五輪では400m個人メドレーで銅メダル、リオ五輪では200m個人メドレーで銀メダル、400m個人メドレーで金メダルを獲得した世界のトップスイマーのひとりだ。

リオ五輪で抱き合う2人(写真:青木紘二/アフロスポーツ)

「公介とは、日本での試合の時はふたりでの勝負になりますが、海外で世界と戦う時は本当に戦友みたいなんです。公介がいると落ちついてレースができるし、リラックスできる。不思議なんですが一緒にいるとすごく安心して戦えるんです」

瀬戸自身が語るように、不思議な関係だ。

ふたりは似た者同士ではない。瀬戸は明るい性格で感覚派、萩野は冷静沈着で理詰めで考えるタイプ。たとえば、強度の高い練習が翌朝からあるとする。その前日の夜、瀬戸は練習をがんばるために遠くても自分が好きなものを食べに行き、元気をつける。萩野は近場で食べられるものを食べて明日のために体を休めることを優先する。

しかし、世界に出ていくと海外の選手を相手に共闘し、ふたりで世界一を目指していく。ひとりを蹴り落として成り上がる感覚はないのだ。ともに世界のトップレベルで戦える力を持つ者同士にしか分からない、普通のライバルの定義を超えた関係が瀬戸と萩野の間にはあるのだ。

負けたくない気持ち

瀬戸が戦友に出会ったのは、小3の夏の全国大会だった。

萩野は当時から「天才スイマー」と言われ、瀬戸はなかなか勝てなかった。初めて萩野を破ったのは中2の時の400m個人メドレーだった。

「公介は初めて同年齢の選手に負けたので相当悔しかったと思いますね。でも、当時からガチガチにやりあう感じはなかったですし、公介も『話しかけてくるな』みたいな感じはなかった。正直、いつからお互いをライバルとしてとらえ、付き合うようになったのか覚えていないですけど、お互いの感じはその当時からほとんど変わらないですね」

スポーツ最前線 記事一覧(47)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。