タニー・タケ(vision track)

「死ぬ権利」は必要なのか――尊厳死法制化の是非を問う

2017/1/30(月) 14:45 配信

延命治療の選択をめぐっては様々な議論が重ねられてきた。2012年には超党派の議連により「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案」(仮称)が公表されるなど、法制化に向けた動きも続いている。悔いのない最期を迎えるためには「死ぬ権利」を法で定めておくべきなのか。3人の識者に聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

社会の論点 記事一覧(44)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。