千葉格

「散々泣いたよ」 内田篤人、639日ぶりにピッチへ 絶望から再生への軌跡

2016/12/17(土) 9:40 配信

12月8日に行われたサッカーヨーロッパリーグのザルツブルク戦で、シャルケの内田篤人(28)が、2015年3月のレアル・マドリード戦以来、およそ1年9か月ぶりの復帰を果たした。試合直後から、日本代表でプレーする選手たちはもちろん、世界王者であるドイツ代表の選手たちまでもが、一様に内田の復帰を祝福した。

2014年2月に負った「交通事故クラスの大怪我」からの復帰だ。約2年前に負ったケガは内田にとって“絶望そのもの”だった。

「オレは、もう散々泣いてきたから。夜にご飯を食べていて、涙が出てくるなんてこと、普通はないでしょ?」

内田篤人、苦悩の639日を負う。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

スポーツ最前線 記事一覧(43)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。