ヤナガワゴーッ!

陸上をプロスポーツとして成り立たせたい――桐生祥秀のヒーロー像

9/26(木) 17:05 配信

走ることは、「かけっこの延長」だと桐生祥秀は言う。
かけっこが大人になって陸上になり、仕事になっただけだと。
2年前、9秒98という日本選手史上初の9秒台を出し、日本の陸上短距離界を引っ張る存在に成長した。仕事は、今や桐生の生き様そのものになっている。
10秒の世界で戦う男の思考は、自由で斬新でプロフェッショナルだ。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

スポーツ最前線 記事一覧(47)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。