KDDI

「au三太郎」はなぜ好感度が高いのか――共感を呼ぶCMの作り方

2018/12/13(木) 8:00 配信

CM好感度ランキングで4年連続1位を獲得している人気シリーズ「au三太郎」。出演者の桐谷健太がCMソングでNHK紅白歌合戦に出場するなど、CMの枠を超えて人気だ。ディレクターを務める浜崎慎治は「教えてトライさん」(家庭教師のトライ)、「ヒノノニトン」(日野自動車)など、話題のCMを世に送り出してきた。メディアや人々の興味が多様化する昨今、「みんなが知っている」「共感を呼ぶ」CMをいかに作るのだろうか。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

カルチャーを読む 記事一覧(28)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。