太田好治

「便利さが想像力を減らしている」――平成の終わりに野田秀樹が考えていること

2018/9/4(火) 9:05 配信

劇作家・演出家の野田秀樹が手がける舞台は絶大な人気を誇る。常にチケットは入手困難。妻夫木聡、深津絵里といった人気俳優が何カ月もの期間を稽古に割いて、公演に臨む。最新公演『贋作 桜の森の満開の下』は、平成元年(1989年)に初演した作品だ。「平成時代」に演劇界のトップを走り続けてきた野田は、平成の終わりが近づく世の中をどう見ているのか。「文化が衰えると世の中がつまらなくなる」と言う野田に、社会と文化について聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

カルチャーを読む 記事一覧(26)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。