Yahoo!ニュース

【冷蔵庫に入れないで】桃がまずくなる間違った保存方法2選

青髪のテツ野菜のプロ

こんにちは、八百屋歴10年の青髪のテツです。

夏本番になり、スーパーの果物売り場では桃の売り場が広がってきていますね。

そんな桃ですが、正しい保存方法を知っていますか?

桃は保存方法を間違えると、糖度が激減してしまったり、傷む速度が加速してしまいます。

そこで今回は「桃を正しく保存する方法」を紹介していきます。

やりがちな間違った桃の保存方法①とりあえず冷蔵庫で保存

桃は基本的には冷蔵庫で保存してはいけません。

桃は夏の果物ということもあって「冷気に弱い」という性質があります。

冷やしすぎることで、糖度が激減してしまい、甘味が感じられない残念な桃に変化してしまうんです。

せっかくおいしい桃を買っても、保存方法で不味くしてしまっているということがよくあるんです。

桃は常温で保存し、食べる1時間前くらいに冷やしてから食べるとおいしく頂けますよ。

やりがちな間違った桃の保存方法②そのまま保存

桃は買ってきたそのまま保存してはいけません。

桃は「乾燥に弱い」という性質があるので、買ってすぐに食べることができない場合はそのまま保存すると乾燥し傷みやすくなってしまいます。

キッチンペーパーと保存袋で包み、お尻にフルーツキャップをつけてあげることで、乾燥から守ることができます。

とはいえ、桃は傷みが早い果物なので、2〜3日を目安に食べ切るように心がけましょう。

桃の保存方法まとめ

今回は、間違えがちな桃の保存方法について紹介しました。

ぜひ今回の方法を使って、今が旬の桃をたくさん食べていただけると嬉しいです。

他にも「鮮度がよく抜群においしい桃の選び方」や「桃を無駄なく簡単にカットする方法」という記事を書いているので、気になる方はそちらも読んでみてくださいね。

野菜のプロ

現役の八百屋。歴は10年です。ブログ「やさいのトリセツ」運営者。書籍「野菜売り場の歩き方」と「おいしい野菜まるみえ図鑑」「マンガでわかるやさいのトリセツ」好評販売中。Twitterフォロワー75万人を超えました。

青髪のテツの最近の記事