Yahoo!ニュース

【調布市】シウマイに負けない美味しさ! 崎陽軒の横濱月餅

比嘉麻友トラベルエディター(調布市)

秋が深まり、アジアの多くの国々で中秋節が祝われる季節がやってきました。中秋節は、特に中華圏では重要な日です。2023年の中秋節は9月29日に訪れます。この日、家族や友人は満月の下で集まり、感謝の気持ちを分かち合いながらお祝いするそうです。そして、その象徴的な食べ物として、月餅が欠かせません。最近では、月餅のバリエーションも豊かになり、新しいフレーバーが登場しています。

そこで、調布市内で手に入るおすすめの月餅をご紹介したいと思います。調布パルコの地下1階食品フロアにある「崎陽軒」の横濱月餅です。

崎陽軒といえば、シウマイ弁当が有名ですが、実はスイーツもおいしさに定評があり、それがシウマイにも負けないおいしさなのです。

ショーケースの左上に並んでいるのが、横濱月餅。一年中取り扱っている小豆、宇治抹茶、黒ごま、栗といったクラシックなフレーバーに加えて、季節限定フレーバーの全部で5種類の月餅が用意されています。

特に季節限定のフレーバーは、その季節の味を楽しめておすすめです。秋の季節限定フレーバーは「焼き芋」味。ちなみに春には「さくら」、初夏には「マンゴー」、夏には「オレンジ」、冬には「チョコ&チョコ」と、季節ごとに異なる楽しみがあるんです(※年によって変わる可能性があります)。

崎陽軒の横濱月餅は、普通の月餅とはちょっと違います。通常、月餅にはラードが使用されますが、崎陽軒の月餅は一切ラードを使用せず、バター風味の皮に和風あんを包み込んでいて、和風のやさしい味わいになっています。また、上部には牡丹や桃などの植物が描かれていて、見た目にも美しい仕上がり。

「栗」は、なめらかな和風小豆あんのなかに栗一粒が丸ごと入っています。

「焼き芋」はほっくり、もっちりとした触感がまさに焼き芋。やさしい甘さがとてもおいしいです。

バター風味の皮でしっとりとした和風あんを包み込んだ、小ぶりな崎陽軒オリジナル月餅。

崎陽軒のサイトの商品紹介ページでは、以下のように書かれていました。

小豆・・・北海道産小豆を100%使用した、上品な甘さが特長のなめらかなこしあんの月餅。
栗・・・ほっくりとした栗の甘露煮を上品な甘さのこしあんで包みこんだ、栗の風味が広がる月餅。
宇治抹茶・・・抹茶の豊かな香りとほのかな苦みのバランスをお楽しみいただける月餅。
黒ごま・・・練りごまと煎りごまを使用した、味わい深さと香ばしさが後を引く月餅。

中華菓子=ずっしり重く、脂っこいというイメージを覆すおいしい焼き菓子は、お土産にも喜ばれそうです!

また、2022年度前期連続テレビ小説「ちむどんどん」の舞台になった横浜市鶴見区とのコラボを機に発売し、通年販売している「横濱パイナップルケーキ 黒糖」も、実は隠れた人気商品。沖縄県産のパイナップル果汁で作った濃厚なパインジャムを、黒糖やバターを練り込んだ生地で包んで焼き上げた崎陽軒オリジナルのパイナップルケーキです。

横濱月餅も横濱パイナップルケーキ 黒糖も単品で一つから購入できるので、ぜひ楽しんでみてくださいね。
※価格や商品は2023年9月時点のものです。

【店舗情報】
崎陽軒 調布パルコ店
住所:東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ B1F
営業時間:10:00~21:00
崎陽軒公式サイト(外部リンク)

トラベルエディター(調布市)

「地球の歩き方」元編集者。現在はウェブ媒体を中心に、おすすめの旅行・おでかけスポットを紹介するエディターとして活動しています。地元調布の魅力を伝えるため、調布周辺のグルメ情報や散歩写真をインスタアカウント(@chofulunch, @chofusanpo)でも発信中。

比嘉麻友の最近の記事