Yahoo!ニュース

春になるとグリーンに穴が空いてるのはなぜ?パッティングへの影響は?エアレーションについて詳しく解説!

AKI GOLFゴルフを愛するシングルプレイヤー

この時期になると各地のゴルフ場でグリーンに穴が空いていることが多い。

これはエアレーションと呼ばれるものだ。エアレーションの目的は穴をあけて土を取り除くことで、ゴルファーによって踏み固められた地面を軟らかくし、芝の根の成長スペースを確保することだ。 同時に根に酸素を供給し、芝の健全な育成を促進する。

エアレーションは主に春先や秋口に行うことで、年間を通して良いグリーンの状態を保つことができる。

ではエアレーションをしているグリーンではプレイにどのような影響があるのか?

まずエアレーションを行っていると、グリーンの硬さが柔らかくなる。そのためアプローチやショットでは球が止まりやすくなる。

そしてグリーンの速さは遅くなることが多い。またボールの止まり側のスピードが遅くなった時に、穴ぼこの影響を受けて真っ直ぐ転がりにくくなる。そのためパッティングではいつもより強気の攻め方をした方が、良い結果が望まれやすくなる。

エアレーションはプレイするゴルファーには好まれないことが多いが、ゴルフ場の管理の面から見るとどうしても行わないといけない作業だ。

本記事を参考にエアレーションに関する最低限の知識だけは持って、この時期のグリーン攻略の役に立ててほしい。

ゴルフを愛するシングルプレイヤー

ゴルフを愛してやまないシングルプレイヤー。慶應義塾大学商学部卒業。最大飛距離300ヤード以上を誇るビッグドライブが武器。現在は競技ゴルフの世界でも活躍中。ゴルフ上達のために蓄えた圧倒的な知識を世の中に広めることを目標としている。興味を持たれた方は「フォロー」ボタンをクリックして、コンテンツを継続的にお楽しみ下さい。

AKI GOLFの最近の記事