Yahoo!ニュース

【切り口が緑を選んだらダメ】ハズレのカットキャベツを買わない選び方!たった3つのコツを八百屋が伝授

青髪のテツ野菜のプロ

こんにちは、八百屋歴10年目の青髪のテツです。

みなさん野菜を買うときに、意識していることはありますか?なんとなく綺麗そうなのを選んでいるという方が多いと思いますが、その選び方実は間違っているかもしれません。

例えばカットキャベツを選ぶとき切り口が緑色のものを選ぶのは間違いです。

「え?緑色が新鮮でしょ?」と思った方も多いと思います。

そこで今回は「鮮度の良いカットキャベツの選び方」を紹介していきます。

鮮度の良いカットキャベツの選び方

カットキャベツを買うときは、3個のポイントを意識して選びましょう。

・切り口が黄色い

・切り口が盛り上がっていない

・芯が伸びすぎていない

一つずつ簡単に説明していきます。

切り口が黄色い

カットキャベツを選ぶときは最初に「切り口の色」をチェックしましょう。

1/2カットや1/4カットのようなカットされているキャベツは切り口が黄色いものを選びましょう。

キャベツの切口は照明に当たると黄色から徐々に緑色に変色していくんです。

下の画像は、上の画像のカットキャベツを、1日明かりのついた部屋に置いておいたものです。

このように陳列されてから時間が経ったカットキャベツは切り口が緑色に変色してしまうんです。

また、芯の部分が黒っぽく変色しているものもありますが、そういったカットキャベツは論外で傷みかけていますので、絶対に選ばないようにしましょう。

切り口が盛り上がっていない

次にカットキャベツの「切り口が平か盛り上がっているか」チェックしましょう。

切り口が平なカットキャベツは鮮度が良いのですが、盛り上がっているものはカットされてから時間が経過しています。

キャベツは切られても生きていて成長を続けています。切って時間が経ったキャベツは成長して切り口が盛り上がってくるんです。

鮮度の良いカットキャベツを選ぶなら、切り口が平なものを選びましょう。

芯が伸びすぎていない

最後にキャベツの芯が伸びすぎていないかチェックしましょう。

芯が伸びすぎたキャベツは収穫されるタイミングが悪く、成長しすぎているので食感が悪いことがあります。

といってもどの程度が良いのかわからないと思うので、良い例と悪い例の画像を出しますね。まずは良いキャベツからです。このようなキャベツの高さの1/3程度の芯の長さの個体は問題ありません。

次は悪い例です。少し極端ですが、このようにキャベツの中心くらいまで芯が伸びているものは成長しすぎています。

食べ比べないとわからないレベルなので、あまり神経質になることもありませんが、よりおいしいキャベツを選びたいという方は知っておいて損はないと思います。

とくに最初に紹介した切り口の色と盛り上がっていないかについては、鮮度に関わる選び方なので重要です。参考にしてくださいね。

キャベツの保存方法

キャベツってなかなか使いきれないですよね。気がついたら冷蔵庫の奥で傷んでいたという経験がある方も多いと思います。

そこで提案したいのはキャベツの冷凍です。実はキャベツは冷凍保存することができます。

と言うと「冷凍するとまずくなるんでしょ?」という方が多くいます。

そこで「キャベツをおいしく冷凍する方法」という記事を別で書いていますので、気になる方は読んでみてくださいね。

カットキャベツの選び方まとめ

今回はカットキャベツの選び方を紹介しました。

ぜひ今回紹介した選び方を使って、鮮度がよくておいしいキャベツをたくさん食べて頂きたいです。

他にも「キャベツの外葉や芯の食べ方」や「1玉キャベツの選び方」といった記事も書いているので、気になる方は読んでみてくださいね。

野菜のプロ

現役の八百屋。歴は10年です。ブログ「やさいのトリセツ」運営者。書籍「野菜売り場の歩き方」と「おいしい野菜まるみえ図鑑」「マンガでわかるやさいのトリセツ」好評販売中。Twitterフォロワー75万人を超えました。

青髪のテツの最近の記事