ファイヤームーブメント 一生働かなくてもいいくらいお金は貯められるのか

写真はイメージ(写真:アフロ)

ストレス社会から別れを告げ、20代、30代でリタイアする「FIRE(Financial Independence, Retire Early=経済的に独立して早期退職)」ムーブメントがシリコンバレーなどのアメリカの若者たちの間で流行っています。

一生働かなくてもいいくらいお金は貯められるのでしょうか。コロナ前は運用利回り4%で回すことは海外では決して難しくありませんでした。例えば、1億円あって、4%で回せば年間400万円の生活費が稼ぎ出せたのです。

コロナ後の世界でもこのファイヤームーブメントは可能なのでしょうか?4つのことを心がければ十分に可能だと思います。

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2020年5月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。