もらえる年金を少しでも増やしたい!年金の繰り上げ繰り下げ、どっちが得?

写真はイメージ(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

老齢年金は原則として65歳から受け取ります。しかし、もっと早く年金を受け取りたい場合は最大60ヶ月まで1ヶ月単位で繰り上げることができるのをご存知でしょうか。反対に遅らせたいという人は66歳以降、最大70歳まで1ヶ月単位で繰り下げることができます。

繰り上げる場合は早くもらうので(受給期間が長くなり)、1ヶ月につき0.5%減額(60歳0ヶ月まで繰り上げると、30%減額)になります。繰り下げる場合は遅くもらう分(受給期間が短くなる)、1ヶ月につき0.7%増額(70歳0ヶ月まで繰り上げると、42%増額)になります。

例えば、65歳から年間60万円(月額5万円)の老齢基礎年金を受け取れる人が、60歳0ヶ月に繰り上げをする場合、減額率は30%になるので年金額は42万円(月額3.5万円)になります。反対に70歳0ヶ月に繰り下げる場合、増額率は42%になるので年金額は85万2000円(月額7万1000円)になります。

さて、繰り上げと繰り下げとどちらが得なのでしょうか?繰り下げたほうが得だと言う専門家もいますが、寿命が分からないので一概にどちらが得かと言うことはできません。

例えば、Aさんが80歳まで年金をもらうと仮定すると、一番得をするのは65歳からもらうケースになります。

60歳から20年間 年間42万円 840万円

65歳から15年間 年間60万円 900万円

70歳から10年間 年間85万2000円 852万円

長生きリスクに備えるのであれば、繰り下げを検討してもよいですが、とにかく早く長い期間欲しいと言う人の場合は繰り上げも考えられるでしょう。

繰り上げ

65歳からの受給開始を

60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて請求できる

年金額は一生涯減額される(1ヶ月あたり0.5%減額)

画像

繰り下げ

65歳からの受給開始を

66歳から70歳になるまでの間に繰り下げて請求できる

年金額は増額される(1ヶ月あたり0.7%増額) 

画像

また、厚生労働省は選べる年齢を75歳まで延ばす見通しで、その場合の年金額は65歳開始に比べて84%増えます。しかし、当然もらえる期間が短くなるわけで同じような計算をして損得を考える必要があります。                                                                

日本の年金制度は自分で貯めたものを自分でもらうと言う積立方式ではありません。現役世代の保険料や税金などがその時の高齢者の年金給付となる賦課方式です。ですので、長生きに対する保険の機能が強いです。

老後の生活が年金だけで足りているという高齢者はほとんどいません。何れにせよ、老後の生計を立てられるインカムを若い頃から考えておかなければなりません。

参考資料:公益財団法人 生命保険文化センター 老齢年金の繰上げ・繰下げ受給について知りたい

※繰上げ(繰下げ)請求後に取消しや修正はできません。状況によって不利益を生じる場合もあります。

詳細は年金事務所などにお問い合わせいただき、慎重にご判断ください。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ