「ハレとケ」のメリハリで確実に貯める! アジア富裕層も実践

写真はイメージ(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

幼児のバースデーパーティーを盛大に祝う

シンガポールでは驚くべき習慣があります。その一つに、4歳など幼児のためにクラスメート全員を招いてプレイグラウンドなどで貸し切りパーティーをするなど。富裕層だけではなく、中流カップルも小さな子供のバースデーパーティーを開くのは一般的です。

3Dケーキを準備したり(大きさや凝り具合によっては数万円かかる)、20人などゲスト全員のお土産を用意したり(リュックサックや文房具セットなど)と、総額10万円以上かかる場合が一般的です。

また、パーティーは主催者持ちというのがシンガポール流。どんなにお金持ちなのだろうと思うかもしれませんが、そうではありません。彼らは毎年の家族旅行のように、1年間にかかる臨時支出にパーティーも組み込み、帳尻を合わせるために普段は質素倹約に生活を送ります。また、今回は私が払ったから、次はあなたというように、払わなくてもよいケースもあります。

筆者の子供の友達の多くがインド人の家族のために、特にインド系のお金管理術には目を見張るものがあります。

「この方法でやれば誰もが貯まる」。FPの私も会うたびに身につまされ、度肝を抜かされることが多いのです。

その、驚くべき貯まるマネー哲学を3つお伝えしましょう。

1. 全てを数字で考える

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2020年1月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ