貯金できる人できない人の違い 貯金500万円の同期もいるのに自分はゼロなのはなぜ?

写真はイメージ(写真:アフロ)

収入が同じAさんとBさん。二人は職場の同期で勤続年数も収入も同じです。しかし、Aさんの貯金額は500万円なのに、Bさんの貯金額はゼロ。ほとんど同じ条件の二人なのに500万円もの差が出るのは、なぜでしょう?

AさんとBさんの貯金額がこんなに違うのは、お金に関わる日々の生活習慣や人生の選択肢の違いからです。

Aさんは初任給をもらって以来ずっと、手取り月収の4分の1を貯金し、ボーナスは全額貯金しています。年に一度、自分へのご褒美としてブランド品を購入しますが、大切に長く使っているので一生物の上質なアイテムが年々増えていきます。いざとなれば売って換金をすることも可能です。冠婚葬祭がかさんだり、急な入り用の時はボーナスから貯めたお金を利用することもありますが、毎月先取り貯蓄しているお金には一切手をつけていません。1年間に50万円コツコツ貯めていけば、特別年収が高くなくても10年間で500万円を貯めることも可能なのです。

これに対してBさんは、もらった収入はすべて洋服やコスメや飲食など消耗品や消えてなくなるものに使い切ってしまいます。それどころかまだ入金されていないボーナスを当てにして、クレジットカードで先買いをしてしまいます。セールの時などは、「安いから」とよく考えずに大量買いをしてお金を減らしてしまいます。部屋には、袖を通していない洋服や未使用のコスメであふれかえっています。お金がないのに友達から誘われると断れず、飲み会や海外旅行などに行ってカード明細を見て後から後悔と言ったことも多々あります。

AさんとBさんは、ちょっと極端なケースかもしれません。でも、毎日の小さな選択の積み上げがその人の貯金額を、ひいては人生さえ決めることになるのです。

人間の意志は非常に弱いということをまずは自覚しましょう。多くの人は銀行口座にお金があると、なんとなく使ってしまいます。収入をもらったら真っ先に一定の割合で貯金を先にどけてしまい、Aさんのようにその分はないものだと心がける作るクセをつけることが大切です。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。