日本記録で決勝進出を決める

 7月30日は東京オリンピック陸上競技の初日。モーニングセッションに行われた男子3000m障害予選で、三浦龍司(順大)が8分9秒92の日本新記録をマークして、1組2着に入り決勝進出を決めた。 

 この種目で日本人が決勝に進出するのは1972年ミュンヘン五輪で9位だった小山隆治さん以来49年ぶりとなる。2004年アテネ五輪で岩水嘉孝さんがマークした五輪での日本人最高タイムも塗り替えた。

(ちなみに、小山さんも岩水さんも、三浦の順大の先輩に当たる)

「自分のレースも、記録もものにできたので、すごく良い試合だったと思います」

三浦も納得の走りで快挙を成し遂げた。

 今季、三浦が日本記録を更新するのはこれが3度目。6月の日本選手権で日本記録を樹立した際は、最初の1000mが2分49秒だったが、この予選はそれよりも5秒以上速い2分43秒2とかなりのハイペースだった。ただ、日本選手権後には「最初の1000mがもう少しペースが上がっても対応できると思う」とも話していただけに、ハイペースだろうと、まだまだ余裕があった。

 また、レース序盤は、2019年ドーハ世界選手権2位のラメチャ・ギルマ(エチオピア)、同6位のベンジャミン・キゲン(ケニア)が後方に位置どっていたが、三浦は、実力者の彼らをマークするのではなく、積極的に前方でレースを進めた。

「とにかくリズムを崩しちゃいけないので、“集団の中に入らないように”ということと“リズムを崩さないように走りなさい”っていう指示はしていました」とは、三浦を指導する長門俊介監督。

 仮にギルマらの後ろだったら、ペースの上げ下げに余計な体力を使っていた可能性もあっただけに、積極的なレース運びも功を奏しただろう。

 2000mの通過は5分30秒9と、この時点でも日本記録を約5秒上回っていた。今季のレースはラスト1000mを2分40秒〜41秒とペースアップし、終盤にも強さを発揮してきたが、この日も、ラスト1000mで見事な走りを見せた。

「ラストの切れ味は、外国人選手に比べれば、もうちょっとかなと思う」と三浦は課題を口にしていたものの、終盤にケニアのキゲンを振り切り、ギルマに次いで2着でフィニッシュした。

 決勝進出の条件は、予選各組の上位3着までか、4着以下のうち記録上位6人に入ることだったが、三浦はきっちりと着順で予選を通過した。

2着で決勝進出を決めた
2着で決勝進出を決めた写真:ロイター/アフロ

本番を前に疲労感があったが…決勝を見据えてきた

 三浦は五輪出場を決めた日本選手権の後も、7月14日のホクレン・ディスタンスチャレンジ2021第4戦北見大会では、5000mでU20日本歴代2位、日本人学生歴代8位の13分26秒78の好タイムをマークするなど順調だった。だが、実はその後に調子を落としていたという。

「いつもと同じ流れの(試合前の)練習を組んでいたのですが、そんなに良くなかったんです。キレが悪かったり、タイムも思ったより伸びなかったり……」

 好記録を連発してきただけに、長門監督には疲労感が表出してきたように見えていた。

 しかし、三浦と長門監督が見据えていたのは、五輪の予選のレースではなく、決勝の舞台。

 予選前日の刺激では「力まずに、すーっと走れていた。これはかなり状態が良くなっているなと感じました」(長門監督)と、本番の直前になって、しっかりと調子を上げてきた。

 決勝は8月2日の21時15分。

「決勝は予選以上の記録、走りの強さを見せていかないといけない。どんな展開だろうと、タフについていって、ラスト勝負しにいくレースをしたいと思います」

 三浦には、男子3000m障害で日本人初の入賞はおろか、メダルにも期待がかかる。

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】