「ありがとう」で幸せになる人・「すみません」で不幸になる人

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

「ありがとう」で幸せになる人、「すみません」で不幸になる人がいます。違いは何でしょう。なぜそうなるのでしょう。では、どうすれば良いのでしょう。

■ありがとうは魔法の言葉?

「ありがとうは魔法の言葉」などと言いますが、実はこれ、心理学的にも本当です。

ありがとうを言う、感謝を表現すると、次のような良いことが起こります。

自尊心(自己肯定感)が高まる・ストレスが減る・不安、孤独感、嫉妬心が減る・良い人間関係ができる・親切になれる・不公平感が減る・小さな出来事もよろこべる。だから、幸福になれます。

ありがとうを言うだけで、このような変化が起きることが、心理学的に実証されています。もちろん、ひとこと言えばそうなるわけではありませんが、日常的に感謝も想いを表現していると、このような変化が起きます。

「ありがとう」が言える人は、心が健康な人です。心が追い詰められると、自分の言葉考えるようになり、人の善意にまで気が回らなくなります。だから、ありがとうを日常的に言っている人を見ると、私たちはその人がスマートな素敵な人に見えるでしょう。

ところが、人から何かをしてもらうと、「すみません(すいません)」「申し訳ありません」「ごめんなさい」と謝ってしまう人がいます。ありがとうの意味でそう言っている人は良いですし、会話のレトリックとして使っている人なら良いのですが、本当に謝罪の感情を持って「すいません」と言っている人がいます。

「ありがとう」を言うとなぜ良いことが怒るのか、似ているけれども「すいません」ではなぜダメなのか、心理学的に解説します。

(「すみません」の少しくだけた言い方が「すいません」です。)

■「ありがとう」で、なぜ良いことが起こるのか

「ありがとう」は、周囲からの愛を実感している証拠です。

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年7月サンプル記事

碓井真史

価格

540(記事3本)

2019年7月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ