怒りを自分自身に向ける人々:心のケアのために

(写真はイメージ)(ペイレスイメージズ/アフロ)

■怒りの感情

怒りの感情は、様々な感情の中でも、人生を破壊する可能性のある感情です。怒って人を殴ったりすれば、会社を首になるかもしれません。暴力暴言で身を滅ぼす人々もいます。

だから、怒りは抑えなくてはなりません。抑えなくてはと、多くの人が思います。怒りを上手にコントロールすることは、もちろん大切です。でも、怒りを人にぶつけるのではなく、自分自身にぶつけてしまうのも、コントロールの失敗です。

■自分に対する怒り

人に対して暴言暴力を行うことがあるように、自分自身に暴言暴力を振るうことがあります。人に対して言うのではなく、自分自身に対して攻撃的に「ばか!」「役立たず!」「死ねばいい!」「最悪だ!」と酷い物言いをしてしまいます。

自分自身を傷つけることもあります。自分で自分を殴りたくなることもあるでしょう。壁に頭をたたきつけたくなったり、怪我をするとわかっているのにカラスにパンチしたり。リストカットなど、実際に自分を傷つけることもあります(自傷行為)。

やけ酒や、乱暴な運転、自暴自棄な生活なども、自分自身への怒りと攻撃です。

人の心や体を傷つけてはいけませんが、もちろん自分自身を傷つけても良いことは起こりません。

■怒りは危険信号

自分自身にイラつき、腹が立ち、自分を攻撃したい時。それは、人生の危機です。あなたの心と体に、何かが起きています。短気を起こして人に乱暴してはいけないのですが、自分を乱暴に扱ってもいけません。自分への攻撃と人への攻撃は、別々のものではないのです。

職場、学校、家庭。みんなを殺して自分も死ぬと思ってしまう人がいます。殺人や自殺まで考えなくても、自分が所属する組織も、自分自身の人生もどうなっても良い、破壊してやると思うことはあります。

何もしないという形で、怒りを表現することもあります。仕事や勉強にも、自分自身の人生や健康を守ることにも、無関心になってしまうことも、怒りの現れます。

心の危機は、心のSOSサインです。致命的なことが起きる前に、心をケアする必要があります。

■自分自身に怒りを向けやすい人

自分自身に怒りを向けやすい人は、次のような考え方の特徴を持っています。

・人を傷つけるのは好きではない。

・自分のことより他人優先。

・みんなは怒っても自分は怒るべきではない。

・平和を求めている。

・不快感を表さない。

・怒りの感情に罪悪感を感じる。

・自分をケアするヒマがない。

・自分はいつも間違える。

自分自身に怒りを向けやすい人は、善良な人々です。多くの場合は、日頃から優しくて平和的な人々です。でも、その人たちが自分自身に対して激しい怒りを埋めることがあります。そんな怒りと攻撃が行き過ぎれば、心がパンクします。では、どうしたら良いのでしょうか。

■私はなぜ自分自身に怒りを向けるのか

自分自身に怒りを向ける理由を理解できれば、行き過ぎた自罰の傾向を和らげることができます。でも、自分に怒っている人は怒りの感情を恥じるので、自分の心を押さえつけ、怒りの事実も理由も、自覚が難しいのです。

自分に怒りを向ける人々には、次のような心理があります。

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年3月サンプル記事

碓井真史

価格

540(記事3本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ