愛情あふれるしっかり者の危険性:共依存の心理

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

がんばっているのに上手くいかない家族。そこに、共依存の問題が潜んでいるかもしれません。本当に愛しているなら、相手を自立させなくてはいけません。

■支えることは美しいこと? だめなこと?

支えあう夫婦、親子、兄弟姉妹。美しい人間関係です。片方が、困難を抱えていることもあります。アルコール依存やギャンブル依存、借金や暴力、不登校や引きこもり。社会生活が上手くいきません。家族親族だから、一生懸命支えます。でも、とってもがんばっているのに、問題はむしろ悪化する。その理由の一つに、「共依存」(あるいは過剰な責任感)の問題があります。

愛をこめて、心から相手に尽くしている、しっかり者のあなた。その愛と努力が無駄にならないように、逆効果になならいように。そんなふうにもがいている善人たち、問題を抱え込んでいる人たちを、支援するために。ご一緒に考えていきましょう。

■共依存とは

格差社会と言われる現代。特に「家庭」は、実に様々なです。家族としての機能を失っている家庭もあります。安らぎの場でもなく、家庭教育も行われていない家庭もあります。

たとえば、父親がアルコール依存症で父親としての役割が果たせない。その父を支えようとしているのだが共依存関係に陥ってしまっている母親。そんな家庭で成長した人たちを、アダルト・チルドレンと言います。

アダルト・チルドレンとは、簡単に言えば、心の中に傷ついた子供の心を抱えたまま大人になった人です(アダルト・チルドレンも、共依存も、精神科的な診断名ではありません)。

母親は、必死で夫と子供を支えているのですが、文句を言いつつ、夫に酒代を渡しています。一見すると、夫が妻に依存して生きているように見えるのですが、妻もまた夫を支えることが生きがいとなってしまっている状態。これが、共依存という考え方のはじまりでした。

妻は夫の被害者であることは事実なのですが、妻の行動で、夫のアルコール依存症はさらに治りにくくなっています。さらに、子供に対して自分を支えることが当然だと、無言のうちに伝えている母もいます。母は決して悪意はないのですが、共依存関係が家族問題を複雑にするとされます。

このようなアルコール依存症者の妻の問題から、共依存はさらに広い場面で使われるようになっていきました。また、共依存という言葉が被害者者である妻を責めているニュアンスがあることを嫌う人は、妻の「過剰な責任感」といった言葉を使うこともあります。共依存という言葉も、決して誰かを責めるためのものではないのですが。

支える人の動機は愛です。妻はしばしば「良妻」です。しかし、共依存に陥っている人の愛と判断力と行動は、混乱しているのです。良い妻、良い母、良い兄姉になろうとして、さらに問題は悪化します。

問題を抱える息子。心理的に逃げてしまって関わらない父親。そんな中で、母と子がまるでカプセルの中に入ってしまったように二人で今日依存関係の中で生きていることもあります。

■本当の意味の支援とは

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2019年2月サンプル記事

碓井真史

価格

540(記事3本)

2019年2月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。テレビ新潟番組審議委員。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』は総アクセス数5千万。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』など。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ