子供をもっと反抗させよう:心をなだめる不思議な心理学

手がつけられない子供のかんしゃくをどうすれば良いのか(写真:アフロ)

<かんしゃくを起こす子供の言いなりにはなりたくない。周囲に迷惑もかけたくない。問題を早く解決したい。そんなあなたのために、効果的な方法を心理学からお伝えします。>

■かんしゃくを起こす子供

「おもちゃ買って!」「学校なんか行かない!」。かんしゃくを起こし、ダダをこね、パニックを起こす子ども達。泣きわめき、床ををころがり、壁をばんばん叩く子ども達。本当に困ってしまいます。

さて、こんなときどうしたら良いでしょう。子供の言うことを聞いてあげるのも、一つの方法です。手っ取り早い方法です。でも、そんなことを続けたら、こどもはますますダダをこねるようになります。

欲しいおもちゃやお菓子を目にしたら、ともかくひっくりがえって足をばたばたさせて、大声で泣けば良い。そうすれば、欲しいものが手に入る。子供は、そう覚えてしまうからです。

これではお金がいくらあっても足りませんし、子供の教育上良いわけがありません。この子が大きくなっても、欲しいものがあれば騒げば良いという考えのままでは、とても困ります。

それに、「もっと遊ぶ!」といった要求の場合、遊ばせることができれば良いのですが、電車の時間が迫っているとなれば、そうはいきません。

何とか、少しずつでも、かんしゃくを起こして要求を通そうとする子供を直さなくてはなりません。

どんなにダダをこねても、放っておく、というのも一つの方法です。心理学の「学習理論」(強化理論)からも、良い方法とも言えるでしょう。ダダをこねれば買ってもらえるという体験をさせずに、ダダをこねても何も買ってもらえないという経験をさせることで、ダダをこねても、かんしゃくを起こしても、何も良いことはないと学ばせるのです。

ただし、この方法に、世間の目は冷たいでしょう。大声で泣きながらひっくり返っている子供。何もしないで見ているだけの親。あるいは、親だけ先に、さっさと行ってしまう。こんなことをすれば、周囲からの冷たい視線が突き刺さります。

では、どうしたら良いでしょう。その解決策の一つが、「もっと反抗させる」です。

■もっと反抗させて、かんしゃくを抑える方法

「学校なんか行きたくない。学校なんて爆破してやる!」。そんなことを言っていた小学生と一緒に、私は「学校爆破大作戦」をねったことがあります。 

この記事は有料です。
心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法のバックナンバー2018年10月サンプル記事

碓井真史

価格

550(記事3本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」「チコちゃんに叱られる!」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』等。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。