嫌味をチクチクいう人、嫌ですね。人の気分をわざわざ悪くするのが楽しいような人、かかわりたくはないけれど、親せきや職場だとそうもいかない。そんな時、どうすればいいか考えます。

相談ケース

30代・女性。職場の上司男性に以前食事に誘われ断りました。その上司は、自分がミスしても知らん顔をするのに部下がミスをすると激しく攻撃したりするのでいい印象を持っていませんでした。ただ、断って以来態度がよそよそしくなり仕事がやりにくいのです。いちいちカチンとくる嫌味を言う。「あなたは気位が高いし、人のいうことを聞かないから、みんな触らぬ神に祟りなしだと言っている。」など職場に行くのが嫌になるようなことを言われることもしばしばです。どうでもいいかなと思うようなことを見つけては「日本語がなってない」「常識がない」「大丈夫かね、○○さんは」などと言います。ちなみに自分はその男性以外の周りや取引先の人からは信頼されて仕事をしています。

解決へのヒント

それは嫌ですね。その男性が、嫌みを言う根底には、自分の誘いを断られた怒りがあるようです。またあなたに向ける言葉は心理的投影だと思われます。自分の中にある問題点を認めたくない時、自分を守るため、それを他人に相手に押し付けてしまう現象です。例えば常に相手に失礼な振る舞いや常識がない態度を取っている人は、相手に失礼で常識がないと言ったりします。