2021年も上半期を終了しました。コロナ禍で利用者が増加した定額制動画配信サービスでは、どのような作品がヒットしていたのでしょうか。

GEM Partnersが実施する週次の調査に基づき、Amazonプライム・ビデオやNetflixなど様々な定額制動画配信サービスを横断し、利用者全体の中で、どんなタイトルが観られているのか、上半期の総括をしました。アニメの圧倒的存在感が目立つ中、サービスごとにみるとそれぞれの戦略の違いが浮き彫りになりました。

(記事内の「視聴者数pt」はそれぞれの実査日において過去1週間以内にそのタイトルを見た人の多さを示しています)

Amazonプライム・ビデオなど、視聴者数ptを多く集めるサービスはアニメが席けん、その他のサービスでは独占配信・オリジナルコンテンツ戦略で差別化も

下記の表は、2021年上半期(1月2日~6月25日)の週次の調査結果を集計し、サービス別に視聴者数ptランキングを作成したものである。サービスは集計期間中の総視聴者数ptが多い順に左から並べている。

まず、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、Hulu、U-NEXTなど、総視聴者数ptが上位のサービスのランキングには、「日本アニメシリーズ・映画」(黄色)である『呪術廻戦』や『鬼滅の刃』『進撃の巨人』『名探偵コナン』などが上位に入っている。これらのコンテンツは様々なサービスで提供されているが、多くの人が利用するサービスでより多く視聴されていることが分かる。

一方、定額制動画配信サービスのオリジナルコンテンツ(囲み+赤字)に注目すると、上位には、Amazonプライム・ビデオのバラエティ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』、Netflixの韓国ドラマシリーズ『愛の不時着』『梨泰院クラス』『ヴィンチェンツォ』などがランクインしており、各サービスの差別化ポイントとなっていることがうかがえる。

さらには、オリジナルコンテンツ(囲み+赤字)ないし、定額制動画配信サービス内で独占配信しているコンテンツ(囲み)でTOP10を占めたディズニープラスや、『今日、好きになりました。』など恋愛番組シリーズが上位に入ったABEMAプレミアムは、「他のサービスでは観られないコンテンツ」がユーザーをひきつけ、サービス内で多く視聴されていることが分かる。

また、TBS系のParavi、フジテレビ系のFODプレミアム、テレビ朝日系のTELASAは、テレビ局で放送されたドラマシリーズの見逃し配信が上位の多くを占めた。これらも、ほかの定額制動画配信サービスでは観られない独占配信コンテンツが多い。

Amazonプライム・ビデオなどの上位サービスに「プラス1」での視聴行動か

前述のとおり、上半期の総視聴者数ptが多いサービスでは「日本アニメシリーズ・映画」が上位に、それ以外では各サービスの独自コンテンツが多く視聴されていることが分かった。では、視聴者は各サービスをどのように利用しているのだろうか。使い分けはあるのだろうか。

以下のチャートは、GEM Partnersで実施している「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」の2021年7月号に掲載している併用率のデータである。

まず、各サービス利用者の中で「そのサービスのみ利用」している人の割合は、Amazonプライム・ビデオが最も高く、61.8%である。一方、ほかのサービスにおける「そのサービスのみ利用」の割合は1~3割程度である。つまり、ほとんどのサービスにおいて、利用者の大半は、「このサービスに加えて、他にも利用しているサービスがある」のである。

「各サービス利用者がほかに利用しているサービス」を調査したところ、いずれのサービスにおいてもAmazonプライム・ビデオが最も多く、各サービス利用者の3~6割に上る。ここから、多くのサービスで提供されている人気作品はAmazonプライム・ビデオで視聴し、Amazonプライム・ビデオでは観られないコンテンツを求めて他サービスと契約している状況がみえてくる。つまり、Amazonプライム・ビデオに「プラス1」として利用されていることがうかがえる。

また、Paravi、FODプレミアムは互いを利用していると答える人の割合が高めであり、「テレビドラマ好き」が「あのドラマも、このドラマも」観ていることがうかがえる。

動画配信市場のさらなる成長に向けてますます重要なプラス1戦略

2021年10月に実施した調査をもとにした「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」によると、「定額制動画配信サービス(SVOD)」を利用する人の割合は昨年の時点で30.3%、すでに、有料放送(15.3%)、DVD/BDレンタル(18.8%)を抜いて圧倒的に高い値である。ここからさらに定額制動画配信市場が成長していくには、「新たに定額制動画配信サービスを利用してもらう」だけでなく、「すでに何らかのサービスを利用している人に、追加で契約してもらう」ことが各社ともますます重要となる。各社がオリジナルコンテンツ、独占配信コンテンツを押し出す背景には、こうした競争環境の変化もあり、また、それぞれの差別化によって市場はさらに活性化しているといえよう。

(本記事はGEM Standard内の筆者記事より加筆・修正のうえ転載)

■定額制動画配信サービス タイトル別 調査概要

【調査方法】インターネットアンケート

【調査対象】日本在住の15~69歳の男女

【回答者数】各回 約7,000人

【数値重みづけ】総務省発表の人口統計を参考に回答者を性年代別に重みづけ【集計方法】視聴したタイトルについては自由回答方式で聴取。これをGEM Partners開発によるエンタメコンテンツ辞書を用いて名寄せ・集計を実施。タイトルごとの視聴したシーズン数やエピソード数等は区別せず、一部でも観たと回答した人を視聴者としてカウント。また、劇場/テレビ版や海外/国内版も同一タイトルとしてカウント(一部例外あり)。複数回観ても1カウントとしている。

※名寄せ辞書のアップデートに伴い、過去に遡って値が修正されることがあります