「隠れトランプ」が「君が代」を歌ってくれた トランプ集会に行ってみた

トランプ集会の「密」 ペンシルベニア州レディング 撮影津山恵子

10月31日、米大統領選の投開票日まであと3日。最初で最後となるかもしれない。アメリカ屈指のポピュリスト、トランプ大統領をこよなく愛する人々に会いに行くのはー。

ニューヨークからかなり近いところで集会があるという。つまり、電車で1時間半でフィラデルフィアへ。そこから車で1時間のペンシルベニア州レディングで、トランプ集会がある。フォトグラファー、大和田三保子さんの運転で行くことにした。

支持率調査では、民主党候補バイデン前副大統領が有利。(10月30日現在バイデン51.3%、トランプ43.5%。リアルクリアポリティクス=RCPによる)

でも、2016年のトランプの大逆転の記憶がある。私は、その懸念を同年9月30日に「”トランプ大統領“へと向かう不安」として書いた。今も実は同じ気持ちだ。それは、トランプ支持者の「熱狂」が、バイデン支持者と桁違いだからだ。

「トランプ支持者って、一体どんな人なの?」とよく日本の人に聞かれる。そこで、本日会った支持者との対話を並べよう(注:発言内容には間違った情報もある)。

「君が代」を歌ってくれた

「僕たち家族は、みんな“隠れトランプ”なんだよ。家族以外には、近所にも友人にも誰にもトランプ支持だとは言っていない」(元海兵隊デビッド・ジョーンズ)

「でも、私たちはガラスの破片の上を這ってでも投票所に行くわ」(デビッドの妻ブレンダ)

右からデビッド、ブレンダ、「君が代」を歌ってくれたブランドン 撮影津山恵子
右からデビッド、ブレンダ、「君が代」を歌ってくれたブランドン 撮影津山恵子

バイデンの支持率が先行しているが、どうやってトランプが勝つのか、と聞いた時の答えだ。デビッドとブレンダは、息子2人、娘2人、従兄妹3人と9人のグループで来ていた。

ブレンダは、元民主党員。共和党支持のデビッドとは選挙の話をしない結婚生活だったが、2016年はヒラリー・クリントン元国務長官には投票しなかった。

ブレンダ「ヒラリーを好きになれなかった。でもトランプも、弱いものいじめで人種差別主義者だとバカにしていた。でも、彼はこの4年間で公約をほとんど果たした。だから彼に投票する」

デビッド「結婚して初めて、夫婦が同じ候補者に投票するんだ!」(長身ながら2、3歩スキップしてみせた)

Q どんな公約を果たしたの?

ブレンダ「中東に和平をもたらした。連邦最高裁判所に、人工中絶反対の判事を送り込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大の中で、スモールビジネスや学校を再開するために今も戦っている。スモールビジネスが経済閉鎖でどんなにダメージを受けたことか。学校閉鎖で、社会的交流ができなくてストレスがたまっている子供もたくさんいる」(同情からか涙目)

会場への長蛇の列。トランプグッズの行商も、日に数回も集会をするトランプについていけないのか少なかった 撮影大和田三保子
会場への長蛇の列。トランプグッズの行商も、日に数回も集会をするトランプについていけないのか少なかった 撮影大和田三保子

Q これまでの共和党の大統領と、トランプはどこが違うの?

デビッド「彼は、ディスラプターだ。分かるかい?既存の政治家とは違う。バイデンみたいな既存の政治家には、もううんざりだ。トランプは、ビジネスマンとして大統領になり、農家やスモールビジネスを、規制の撤廃や減税で救った。ビジネスマンだからこそできたんだ」

デビッドは、沖縄の海兵隊基地で6年過ごしたことがある。小学校時代を沖縄で過ごしたという息子ブランドンに、日本語が話せるか尋ねると「国歌を歌ってあげるよ」と、ニッコリした。

「君〜が〜代は、千代に〜八千代に〜」

トランプを待つ大音響のロックミュージックの中、彼は君が代を最後まで私の目を見ながら歌った。ブレンダとデビッドは、嬉しそうにブランドンを見つめていた。

「神のご加護を!」「話しかけてくれてありがとう!」

と全員が私に言って別れた。

医師だがマスクはしない

私の記者手帳を見て、「君は僕を取材すべきだ」と、身長185センチはある体格のいい男性が語りかけてきた。ジム・フェイダー医師は、マスクはしていない。私は身長154センチで、まさに飛沫が上から降ってくるような恐怖を覚えた。記者手帳にメモを取るためにうつむいて、彼を見ないようにしながら、話を聞く。取材後は、顔を手指用サニタイザーで拭いた。

Q なぜトランプを支持するのか。

フェイダー「私はニューヨークの大病院で内科医をしている。そこで中国から多くの医薬品が流入しているのを懸念している。私たちの基準に合わず、米国製の薬品を使うべきだと思い、中国の薬品をリコールしたこともある。また、オバマ前大統領の医療保険制度(オバマケア)のもと、新型コロナウイルスの感染者が、十分な治療を受けられる医療費のカバーがなく、病院を去るのを何度となく見た。トランプは、すごくいいヘルスケアシステムを作ると言っている」

選挙グッズでこんなに大きな旗は、過去に見たことがない。$13だが、家の前に立てている人は多い。撮影大和田三保子
選挙グッズでこんなに大きな旗は、過去に見たことがない。$13だが、家の前に立てている人は多い。撮影大和田三保子

Q 今日はマスクをしていないが、マスクは新型コロナの有効な予防策ではないのか。

「オバマケアによる不十分な医療システムこそが、人々がコロナから回復するのを阻んでいる。マスクよりもひどい問題だ。解決はマスクではなく、オバマが仕組んだ医療制度を撤廃することだ」

輸入品から逃れたい

フェイダー医師と同じように、トランプ政権のもと、中国製を含む輸入品を受け入れないことで、自分たちの暮らしやビジネスが改善したというトランプ支持者は多い。「中国憎し」は、トランプも心得ている。それがトランプ支持者を萌えさせる。

レディングの空港で開かれる集会に行くため駐車したガソリンスタンドで、今年トランプ集会に12回行ったというスーザン・ジェイン・ゴールドナーが「私にインタビューして」と近づいてきた。

「この選挙は、愛国主義者を選ぶのか、グローバリストを選ぶのか、という接戦なの」

分かりやすい。つまり、「アメリカ・ファースト」のトランプか、世界と環境問題などで協調路線を取っていこうというバイデンのどちらを選ぶのかということだ。

Q グローバリズムのどこが、問題だと思うか?

ゴールドナー「私の家族は3代に渡り、機械エンジニアリングの会社を経営してきた。ところが、オバマ政権に部品調達の多様化を規制で指導され、私たちの規格にも達しない部品を中国から輸入せざるを得なくなり、品質管理や返品のコストが上がった。トランプになってそういう規制がなくなり、好きな米国製部品が調達できて、経営が改善した」(満面の笑み)

スーザン・ジェイン・ゴールドナー。イヴァンカ・トランプのサイン入りMAGAキャップまで持っている。撮影大和田三保子
スーザン・ジェイン・ゴールドナー。イヴァンカ・トランプのサイン入りMAGAキャップまで持っている。撮影大和田三保子

Q  今回の選挙は、新型コロナをめぐる政策の違いが最大の争点だという。

ゴールドナー「トランプは、今年1月からやるべきことはやってきた。素晴らしい仕事をした。実は、コロナ対策は、トランプを責めるべき問題ではない。対策は州政府の管轄であり、民主党州知事の州は、皆コロナ対策で失敗している。つまり、経済や学校を閉鎖したために人々は苦しんでいる。若者の自殺率は上がり、学校や大学に行って友達と交われない生徒がうつ状態に陥っている。民主党州知事が行った経済閉鎖で、全てのことが最悪の状態に陥ったのに対し、トランプは戦ってくれている」

集会は、トランプが空港にエアフォースワンで降り立ち、機体を背にしながら演説する形式。これで1日に3〜5箇所回る。支持者に歩きながら話を聞いた金属探知機前までは、ほとんどの人がマスクをしていた。しかし、会場に入って、震え上がった。

マスクなしの支持者が社会的距離なしでトランプを待つ。トランプが来ると大歓声を上げるのは間違いない。撮影津山恵子
マスクなしの支持者が社会的距離なしでトランプを待つ。トランプが来ると大歓声を上げるのは間違いない。撮影津山恵子

すでに1000人ほどが入場しており、半分以上がマスクなしでひしめいていた。空いている場所に誘導する通路も1メートルほどしかなく、マスクなしで踊ったり、友人や家族とはしゃいでいる人たちが、立ちはだかる。「撤退だ」と思った。

新型コロナに感染するリスクをとって、トランプを待つ意味はない。1月末に行った彼の集会では、彼が現れた途端、頭が痛くなるほどの大音響の音楽が2分ほど、歓声でかき消えた。そうなればまさに飛沫の交換会だ。そんなのは、やはり興奮した支持者が多かったオバマ前大統領の集会ですらなかったことだ。

1000人を超えて未だに膨れ上がる集会に背を向け、会場を後にした。しかし、その後もトランプ支持者の熱狂を見せつけられた。

会場から、駐車したガソリンスタンドまで15分あまり歩いている途中、機体にUnited States of Americaと書かれたエアフォースワンが空港に近づいてきた。周りにいた支持者は一斉にスマホでビデオを撮る。ふと見ると、空港脇の高速の路肩に車が連なっていた。なんと、エアフォースワンだけでも見ようと集まっていた人々だ。

ガソリンスタンドに駐車したばかりの巨体で足が悪い年配の男性に、「会場まで15〜20分歩くよ」と言ったが、彼は笑顔を浮かべてゆっくり歩き始めた。

若い男性ブライアンは、従姉妹と2人で大きなトランプの旗を掲げて、空港近くの国道沿いの農家に駐車していた。マスクはしていない。

ブライアンと従姉妹は、トランプ旗を2枚も持っていた。撮影大和田三保子
ブライアンと従姉妹は、トランプ旗を2枚も持っていた。撮影大和田三保子

Q  集会に行かないの?

「集会の外でも、僕らにできる選挙戦をやって、団結を示したかった」

確かに、彼の旗を見て、クラクションを鳴らしたり、「トランプ、トランプ」と掛け声をかけたり、車窓から拳を振り上げて走りすぎる車が少なくない。

Q なぜトランプがいいの?

「僕は、海兵隊の機械工だけど、トランプの減税のおかげで、すごく生活が楽になった。海兵隊の連中は皆そう言っている」

写真を撮ると言うと、嬉しそうに車から降りてきた。

たとえ、バイデンが大統領になったとしても、この人たちの熱狂は消えない。そう確信する1日だった。全員の目に、少女漫画のキラキラが宿っていた。トランプは過去4年間、40%の支持率を維持した。この4割の人たちは、バイデンを大統領とは認めないだろう。彼は、当選してもトランプ支持者の嫌悪と反感の中で、アメリカを動かしていかなければならない。

(了)