鈴鹿のファン感謝祭「モースポフェス」の中止が決定!コロナウィルスの新型肺炎拡大が影響

盛大に開催された2019年のモースポフェス【写真:MOBILITYLAND】

鈴鹿サーキット(三重県)を運営する株式会社モビリティランド、トヨタ自動車、本田技研工業は3月7日(土)8日(日)に開催を予定していたファン感謝イベント「モースポフェス 2020 SUZUKA ~モータースポーツファン感謝デー~」を中止すると2月21日(金)午後1時配信のリリースで発表した。

新型コロナウィルスによる肺炎の感染拡大でモータースポーツ界にもその影響が出始めた。

多くのファンを集めた2019年のモースポフェス【写真:MOBILITYLAND】
多くのファンを集めた2019年のモースポフェス【写真:MOBILITYLAND】

トヨタ、ホンダと検討し、中止を決定

同イベントは鈴鹿サーキットが毎年春に開催していた「モータースポーツファン感謝デー」にトヨタ自動車と本田技研工業が強力なバックアップをする形で「モースポフェス」となったイベントで、初開催の昨年は2日間合計で5万人が来場した。

昨年はトヨタの豊田章男社長がWRカーの「ヤリスWRC」を、ホンダの八郷隆弘社長がFIM EWC仕様の「CBR1000RR」に乗って登場したり、両社を代表するフラッグシップマシンが勢ぞろいするなど非常に豪華なイベントだった。

ホンダの八郷社長、鈴鹿サーキットの山下社長(当時)、トヨタの豊田社長【写真:MOBILITYLAND】
ホンダの八郷社長、鈴鹿サーキットの山下社長(当時)、トヨタの豊田社長【写真:MOBILITYLAND】

今年もル・マン24時間レースを連覇した「トヨタTS050ハイブリッド」やダカールラリー仕様の「ランドクルーザー200」などなかなか鈴鹿サーキットで見られないマシンも登場が発表されており、ファンの期待も大きかっただけに、中止は残念だ。

この中止に関しては共同の主催者であるトヨタ自動車と本田技研工業と検討を重ねた結果、観客や選手、チーム関係者の安心・安全を考慮し、中止という結果に至ったとのこと。なお、すでに販売されているチケットの払い戻しに関しては鈴鹿サーキットのウェブサイトで案内される。

プレスリリース

【モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」の開催中止について

2020年2月21日トヨタ自動車株式会社本田技研工業株式会社株式会社モビリティランド2020年3月7日(土)・8日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)にて開催予定でありました「モースポフェス2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」につきまして、開催を中止することになりました。トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランドは、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて慎重に検討を重ねて参りましたが、お客様、ライダー、ドライバー、関係者のみなさまの安全・安心を最優先に考慮し、開催中止を決定いたしました。ご来場を楽しみにされていたお客様、関係者の皆様におかれましては、ご理解いただけますようお願いいたします。

各種チケットの払い戻しについては、鈴鹿サーキットウェブサイトにてご案内いたします。

出典:MOBILITYLAND プレスリリース

開幕目前のレースイベントに影響

新型コロナウィルスの感染拡大の影響はモータースポーツ業界だけでなく、クルマ、バイク業界にも及んでおり、イベントの中止が相次いでいる。

まず、2月22日(土)~24日(月)の3連休に宮城県・仙台市で開催予定だった「東北モーターショー in仙台2020」が中止。

SUPER GT などに参戦するスバルSTIは富士スピードウェイで2月26日(水)に富士スピードウェイで予定していたシェイクダウンイベントの中止を発表した。

モータースポーツシーズンはこれから開幕を迎え、今年はオリンピック開催の影響でスケジュールが詰まりに詰まっているだけに、今後の新型コロナウィルスの感染拡大が心配される。