身長159センチ体重66キロ。人生ずっとポッチャリな私。いま結婚したい~おみおじリポート(41)~

旅先の離島にて。塚田さんは細かいことは気にしない性格です。(塚田さん提供)

27歳のときに留学先のカナダから帰国して東京で一人暮らし。結婚願望薄めでした

 こんにちは。大宮です。自分の周囲にいる独身男女の婚活を前のめりで支援する「お見合いおじさんおみおじ活動(略称:おみおじ)」を婚活パーソナルトレーナーのマチコ先生と一緒に推進しています。お世話させてもらう独身者をオネット(大宮ネットワーク)会員として認定し、婚約を目指す活動です。オネット会員の種類(受けor攻め)と募集についてはこちらをご覧ください。

 先日、寝ぼけていたら自分の年齢がわからなくなりました。「オレ、体感として何歳ぐらいだろう?」と考えたら20代前半だという結論に至ったのです。覚醒するにつれて現実が戻り、43歳という実年齢を認識したときは軽いショックを受けました。いつの間にかこんな年齢になっちゃったな……。

 でも、20年後30年後にまた寝ぼけたら、40代前半の今を若くて何でもできる年齢だと思うはず。ならば、いまできることを精一杯に取り組むしかないですよね。楽しみながら。

 僕と同じような感覚の43歳女性がいます。学校職員の塚田美紀さん(仮名、43歳)です。27歳のときに留学先のカナダから帰国して、東京でずっと一人暮らし。時間があるときは弓道場に通って練習をしているそうです。

「高校時代から興味があったので5年前から始めました。自由に生きて来ました。とても楽しかったけれど、人生で一度ぐらいは婚活をしてみようかなと思い、オネットに入らせてもらいます。結婚願望が薄かったので、どんな結婚生活がいいのかは自分でもよくわかりません……」

 独身一人暮らしを満喫していたら40歳を過ぎていた。ちょっとした浦島太郎状態ですね。感覚としては23歳ぐらいの気分なのかもしれません。

塚田さんの趣味は弓道。「時間があるときは毎日でも道場に行っています」(塚田さん提供)
塚田さんの趣味は弓道。「時間があるときは毎日でも道場に行っています」(塚田さん提供)

婚活を始めるのが10年遅い。おみおじでガッチリ吸収して変わってほしい

 僕とマチコ先生はZoomを使って面談しているのですが、画面越しの塚田さんはツヤツヤの色白お肌で整った顔立ち、声もかわいい女性。お化粧はほとんどしていないようです。身長159センチで体重66キロ。特に下半身が大きめなのだと恥ずかしそうに話してくれました。

「かわいい人だとは思いますが、お化粧や髪型、女性らしい雰囲気づくりは勉強したほうがいいでしょう。婚活を始めるのが10年遅いことを認識して、おみおじでガッチリ吸収して変わってほしいです」

 面談後、心配そうに感想を述べるマチコ先生。僕もいろんなことに気づくのが遅いタイプなので一緒に叱られている気分になります。

 先生に反論するわけではありませんが、人は何歳からでも幸せな結婚ができると僕は思います。ポッチャリ系で化粧薄めのアラフォー女性が好きな男性もいるはずです。ただし、そのためには自分自身と置かれた状況を客観的に知ることが必要。敵を知り己を知れば百戦危うからず、です。

 職場である学校では情報機器周りの技術サポートを担当している塚田さん。正規職員なので経済的に安定しています。退職金はない代わりに年収は740万円ほどとのこと。

「激務ではないので、手放すにはもったいない仕事です。でも、新しい技術の習得以外には広がりのない職場で、昇進などもありません。65歳の定年までこの仕事を続けていいのか、という悩みもあります。働いてみたい会社があったことを思い出しつつ、ちょっとした行き詰まりを感じているところです」

43歳という年齢での婚活は、しっかりした大人であることが基本条件です

 手放すにはもったいない仕事、という評価は正確だと思います。結婚相手が見つかったら、住む場所などを話し合ってすり合わせをしていけばいいのではないでしょうか。

「私は惚れっぽいタイプで、誰かを好きになることは少なくありません。グイグイと迫れるわけではないので、勝手に盛り上がって終わってしまうことがほとんどですけど」

 この点に関してはマチコ先生が高評価。好きになる力は婚活には有効だからです。さらにマチコ先生はこんなアドバイスをします。

「相手との結婚生活をイメージしてみましょう。すると、どんな人とならばいい人生を歩めるのかがわかってくると思います」

 最後に、自分が置かれている状況について。自戒を込めて言いますが、43歳は孫がいてもおかしくない年齢です。当然、「しっかりした社会人」であることが求められます。見た目は若々しくていいし、パートナーにたまに甘えるのもいいでしょう。でも、誰かを支えられるぐらいの力が備わっている大人であることが結婚の基本条件です。そこをきちんと認識すれば塚田さんも良き相手と巡り合えると思います。一緒に頑張りましょう!

船で24時間もかかる国内の離島に行ったときの写真。一人旅も苦になりません。(塚田さん提供)
船で24時間もかかる国内の離島に行ったときの写真。一人旅も苦になりません。(塚田さん提供)

※文中のオネット会員は仮名です。塚田さんの詳細プロフィールやマチコ先生と大宮による超実践的婚活アドバイス(ヤフーの有料記事です)を読みたい方はこちらをご覧ください。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。