政治家と芸能人の不倫報道。「お盛んだね。仕事もがんばってよ」と受け流すのが大人だ

 有名人のゴシップは面白い。あの男があの女とまさかそんなことを…と下世話な好奇心をくすぐられて、週刊誌の特集記事、テレビのワイドショー、ネットニュースを見つめてしまう。

 報道の対象となって追いかけ回される人には申し訳ないが、いわゆる「有名税」だと思ってあきらめてほしい。1週間もすればたいてい出来事は飽きられて流れていくので、あまり相手にせずに放っておけばいいと思う。

 不倫などの下半身系の醜聞が報道されただけで、議員辞職をしたり要職から降りたり、出演している映画やテレビ番組が放映中止になるケースが続出している。過剰反応だと筆者は思う。

 清廉なイメージを回復したいのであれば謝罪会見をしてもいい。しかし、国民が議員に求めるのは「浮気をしないこと」ではない。政治的な判断力と実行力だ。同じように、芸能人には素晴らしい芸を見せてほしい。

 はっきり言って、彼らの性生活がどうなっていても私たちには関係がない。話題としては面白いけれど、不倫だけを理由に彼らが活躍できなくなってしまうのは残念だ。こんなことを繰り返していたら、精力的で魅力的な人物が政界や芸能界から少なくなり、生真面目で無難な人ばかりが残ってしまうだろう。それで損をするのは国民であり視聴者だ。

 政治家も芸能人も人気職業である。その「人気」の要素には、「不倫などはしない真面目さ」があるかもしれないが、一方では性的な魅力があるのも否めないだろう。小泉進次郎のような甘いマスクでなくても、強いリーダーシップや説得力のある弁舌、論理的かつ柔軟な思考、豊かな人間性には「モテ」が伴う。少なくとも筆者は、まったくモテなさそうな政治家に投票する気になれないし、鬼気迫るような色気のない芸能人の出演作を見たいとは思わない。

 もちろん、刑法に抵触するような行為をした場合は、法の範囲内で罰を受けなければならない。不倫も不法行為だし、独身者であっても「浮気」は社会通念に反する。しかし、それを厳しく糾弾していいのは、当事者である配偶者もしくは恋人のみだろう。他人の知ったことではないのだ。

 繰り返すが、有名人のゴシップは面白い。視聴者としてはつい報道を見てしまうし、中には悪乗りして「自宅謹慎しろ!」とコメントする人もいるだろう。本気で言っているはずはない。単なるエンターテイメントなのだ。まともな大人は、「お盛んですね。その元気を仕事にも生かしてください。楽しみにしています」と笑いながら受け流している。だから、報道される側も過剰反応はせず、図太く、淡々と働き続けてほしい。