出掛ける前からジャズ気分:感情の裏側を映像化する音の浮遊感(ジュリエッタ・マシーン@新宿ピットイン)

Giulietta Machine『Machina Nostalgia』
Giulietta Machine『Machina Nostalgia』

ジュリエッタ・マシーンは2000年夏に活動を始めたバンド。江藤直子(ヴォイス、キーボード)、大津真(ギター、プログラミング)、藤井信雄(ドラム、パーカッション)、2005年から参加の西村雄介(ベース)という4人編成で、「アコースティックとエレクトロニクスを行き来するような浮遊感のあるシネマ的なサウンド」と評されている。

音楽的には、ボサノヴァのようなブラジル系音楽を軸にアヴァンギャルドなロックやジャズ、そしてミニマルなクラシックなどの要素を融合して、“架空の映画のサウンド・トラック”と呼ばれる異空間に聴き手を誘ってくれる。

今回のライヴでは、2012年リリースの4枚目のアルバム『MACHINA NOSTALGIA』にも参加している超高音域ヴォイスのヴォーカリスト高遠彩子と、熱帯ジャズ楽団やVINCENT ATMICUS、DCPRG、ハイ・ブラスなどでトロンボーン、キーボード、ベースを手に暴れ回る青木タイセイ、チェリストの笠原あやの、サックス&クラリネットの小森慶子を加え、さらに厚みと広がりのあるサウンドを披露してくれるのではないだろうか。

“映画のサウンド・トラック”のようなーーと言っても、映画はもちろんサウンド・トラックにもひとつの概念があるわけではないので、どのような方向性と範囲をもった音楽なのかを伝えるのは難しい。2012年のアルバム発売記念ライヴから受けた印象は、断片的な音をまき散らしながら徐々に相互の関係性が明らかになっていき、カメラを引いて俯瞰するとそれまでは隠れていた異なる映像が現われるといった、ドキュメンタリー映画で用いられるような手法を想起させるものだった。

ストレートな感情だけでは表現しきれない“なにか”を音に託すためのヒントを、ジュリエッタ・マシーンのライヴは教えてくれるのではないかと期待している。

♪Giulietta Machine (ジュリエッタ・マシーン) (Part 1 of 3) at Roppongi SuperDeluxe, Tokyo

●公演概要

9月9日(火) 開場 19:30/開演 20:00

会場:新宿ピットイン

出演:江藤直子(ヴォイス、キーボード)、大津真(ギター)、藤井信雄(ドラム)、西村雄介(ベース)、ゲスト:高遠彩子(ヴォーカル)、青木タイセイ(トロンボーン)、小森慶子(サックス、クラリネット)、笠原あやの(チェロ)