出掛ける前からジャズ気分:ヤマハ ジャズ フェスティバル

●公演概要

10月27日(日) 開場 12:00/開演 13:00

会場:浜松アクトシティ浜松 大ホール

出演:ジュニア・マンス・トリオ=ジュニア・マンス(ピアノ)、田中 秀彦(ベース)、藤 深智(ヴァイオリン)、綾戸智恵(ヴォーカル、ピアノ)、熱帯ジャズ楽団=カルロス菅野(パーカッション)、高橋ゲタ夫(ベース)、森村献(ピアノ)、平川象士(ドラム)、美座良彦(ティンバレス)、伊波淑(コンガ)、佐々木史郎(トランペット)、鈴木正則(トランペット)、奥村晶(トランペット)、松島啓之(トランペット)、中路英明(トロンボーン)、青木タイセイ(トロンボーン)、西田幹(バス・トロンボーン)、近藤和彦(アルト・サックス)、藤陵雅裕(アルト・サックス)、アンディ・ウルフ(テナー・サックス)、宮本大路(バリトン・サックス)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

ヤマハ ジャズ フェスティバル

今年のYJFは、たっぷりリラックスして楽しめることを約束しよう。大人ならではの余裕の味わい。選んだ曲調やテンポが?いや。演奏者の技量、そして人柄が生み出す空気感。観客のために演る自らの分身の音楽を、さあいっしょに楽しもう、と差し出してくれる。乾杯。観客がいてこその、音楽。体に、心に、音楽で話しかけてくる。3組それぞれの演り方で。彼らは知っている。ジャズライブは人生の大切な逢瀬なのだと。

出典:ヤマハ ジャズ フェスティバル|The 22nd ハママツ・ジャズ・ウィーク

今年で22回を数える「ハママツ・ジャズ・ウィーク」は、浜松市が推進する音楽を中核にした都市づくりのテーマを具現化するイベントとしてスタートしました。

「まち中に音楽があり、音楽がまちをつくり出す」をコンセプトに、開催期間中は街のいたるところからジャズが流れてくるという、市をあげてのイヴェントとして定着しています。

そのフィナーレを飾るのが「ヤマハ ジャズ フェスティバル」です。

今年は「ジュニア・マンス・トリオ」「綾戸智恵」「熱帯ジャズ楽団」というラインナップ。

会場となるアクトシティ浜松の大ホールは、音楽発信基地ハママツの名にふさわしい規模と設備を誇り、そのステージで第一線のジャズをジックリと堪能できるという、豪華で優雅なフェスティバルなのです。

♪Junior Mance Trio- I Wish I Knew How It Would Feel to be Free

♪綾戸智恵『Forever Young』Live at STB139, 12/25, 2012

♪熱帯JAZZ楽団 10th Machete

では、行ってきます!