出掛ける前からジャズ気分:荒武裕一朗 Melodies at the night!

●公演概要

5月15日(水) 開場:18:00/開演19:30

会場:目黒 BLUES ALLEY JAPAN(ブルース・アレイ・ジャパン)

出演:荒武裕一朗(ピアノ)、里見紀子(ヴァイオリン)、鈴木洋一(ギター)、坂崎拓也(ベース)、力武誠(ドラム)、Guest 青木カレン(ヴォーカル)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

荒武裕一朗 Melodies at the night! feauturing 青木カレン

荒武裕一朗 Melodies at the night! feat. 青木カレン
荒武裕一朗 Melodies at the night! feat. 青木カレン

荒武裕一朗は不器用で器用なピアニスト――。ボクは彼に対してそんな印象を抱いています。

本田竹広の遺志を受け継ぐ武闘派としての面をもちながら、一方ではその幅広い活動フィールドを反映させた豪華ゲスト陣出演によるイヴェント“Music make us one !! ”を企画運営するプロデューサー的な手腕を発揮。ピアノ・デュオをやったかと思えば、メローなヴォーカルの伴奏もガッツリとこなしてしまう――。多彩でとらえどころがないように見えながら、実はそのステージで彼のピアノに接すれば誰もが“芯のあるピアニスト”であることを疑わないという、考えてみればかなり危険な“要注意人物”ですね(笑)。

そんな彼が、“Melodies at the night!”と題して、またなにかを企んでいるようです。ヴァイオリンとギターのクインテット編成というだけでも「?」ですが、そこに新たなジャズ・ディーヴァとして注目の青木カレンをゲストに迎えるという、これまた荒武裕一朗らしい欲張りな企画のライヴ。さてどんな出逢いをプレゼントしてくれるのでしょうか、楽しみです。

ピアニスト荒武裕一朗が、Melodies at the night! と題し、青木カレンをゲストに迎えてBAJに登場! 里見紀子、鈴木洋一、坂崎拓也、力武誠ら、豪華な面々との贅沢なライヴをお見逃しなく!

出典:Melodies at the night! feauturing 青木カレン|BLUES ALLEY JAPAN

荒武裕一朗プロフィール

1974年宮崎市生まれ。

ビクター音楽コンクールで優秀賞受賞。

ピアニストとして都内を中心に精力的に活動中。

学生時代に本田竹広氏のピアノに心酔し、福村博(tb)氏にジャズ理論を師事。

単身NYで研鑽を積み、菊池雅章氏にレッスンを受ける。

これまでにリーダーアルバム6枚を発表。

2008年唯一の日本人として欧州ツアーメンバーとして単身ヨーロッパへ招聘され

オランダ国内をはじめドイツ・ベルギーでのコンサートで好評を博する。

音楽イベント「Music make us one !! 」主宰。

2012年歌手・米良美一と横須賀芸術劇場大ホールにて共演。

2013年1月東京・新国立劇場で芸術監督D.Bintley「ダイナミック・ダンス」音楽監修・共演。

出典:YUICHIRO ARATAKE WEBSITE

青木カレン プロフィール

ジャズ・シンガー。

幼少を海外で過ごし、慶応大学在学中本格的にアーティスト活動を開始。

ライブ・ツアー活動をメインに、BS Asahi TVのジャズ音楽番組のメインキャスト、ラジオのcross fm、Love FM、インターFM、神戸Kiss FM、ラジオ高崎、FM熊本などでナビゲーターを務める。アルバム2作品がジャズ専門誌ADLIBの「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」受賞。2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞を授賞。2011年6月公開の織田裕二主演の大人気映画「アンダルシア 女神の報復」の挿入歌を担当。NHK Eテレ「3か月トピック英会話」~魅惑のスタンダード・ジャズ編~に出演し話題に。2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。2012年9月には舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、NHKの音楽番組SONGSに出演。2012年12月、映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。

現代女性の先導となり、心の癒しとなるメッセージを唱い続ける、今最も美しいディーバ。

出典:青木カレンofficial website

♪荒武裕一郎トリオ in Narita

♪青木カレン/ VOYAGE

では、行ってきます!