出掛ける前からジャズ気分:ふたつゆ Sound of Spring Tour 2013

●公演概要

4月2日 開場17:30/開演19:30

会場:渋谷 JZ Brat

出演者:ふたつゆ(宮崎友紀子=ヴォーカル、柳原由佳=ピアノ)、土井孝幸(ベース)、石川智(パーカッション)、ゲスト:井上信平(フルート)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

ふたつゆ

関西で個々に活動をしていたヴォーカルの宮崎友紀子とピアノの柳原由佳が

留学先のバークリー音楽大学にて共演の機会を持つようになりセッションを繰り返す。

卒業の時期が近づいてきた 2009 年の春、ボストンでの学生生活の締めくくりとして共同ライブ「Sound of Spring」を企画。

「春」と「にほんごのうた」をテーマに行ったライブが好評を得、ふたつゆ結成のきっかけとなる。

その後お互いに日本に帰国。大阪を拠点にそれぞれの活動を再開。

そして、2011 年春、正式にユニット「ふたつゆ」を結成。 3/23 ファーストアルバム「はるいろ」をリリース。

約 10 ヶ所の東名阪ツアーを敢行。現在、東京と大阪を中心に活動中。

出典:ふたつゆオフィシャルホームページ
Futatsuyu   ふたつゆ
Futatsuyu ふたつゆ

ピアノをバックに歌を歌う――というのは、なんら変哲のないシチュエーションではあるのですが、それがユニットを組むとなると、お互いの力関係を制限するバイアスがかかることになり、変哲がないはずのシチュエーションも変化していくはずです。

宮崎友紀子のほうは、ソロで歌うときよりもピアノのサウンドに対する意識を高めなければならなくなるでしょうし、柳原由佳のほうは“自分の仕事(=歌を引き立たせるような伴奏に徹する)を全うすればいい“という独善的な考え方では成り立たなくなる確率が高くなるわけです。

とくにヴォーカリストは器楽的な歌唱法を要求されるようになり、歌詞の意味を伝えながら、楽器としてピアノとデュオをしなければならないシチュエーションが増えるはずです。ピアニストも、楽器としての歌を刺激することのできる演奏で応じなければならない――。

このような刺激的な応酬が繰り広げられているふたつゆのステージは、たおやかな印象とは裏腹に音楽的発見がいっぱいあると思います。フツーのコンテンポラリー・ジャズ系のヴォーカルが好きな人はもちろん、フツーの“歌もの”じゃ物足りないなぁと思っている人には要チェックのユニットです。

♪ふたつゆ「さくらさくら」 Futatsuyu "Sakura Sakura"