5月23日は、キンプリの愛称で知られるジャニーズのアイドルグループ「King & Prince」がインターネット上でも大きな注目をあびる1日となりました。

そもそも5月23日はキンプリCDデビュー3周年の記念日なのですが、今回はそれを記念して午前5時23分にツイッター、インスタグラム、YouTubeの公式アカウントを開設。

参考:King&Prince、公式SNSとYouTube開設 インスタライブも決定

さらにお昼には、日本テレビで初めての冠番組となる「King & Princeる。」が放映。

番組のハッシュタグである「#キンプる」が、あっさりとツイッタートレンドの国内1位のみならず、世界1位も獲得してしまったのです。

(出典:Yahoo! リアルタイム検索「#キンプる」のツイート数)
(出典:Yahoo! リアルタイム検索「#キンプる」のツイート数)

この記事ではその背景を少し分析してみましょう。

キンプリの公式アカウントのフォロワーも急増

実際に番組の視聴率がどれぐらいだったのかはまだ分かりませんが、やはりSNS公式アカウント解禁と、番組放送のタイミングを同日に重ねたのは、番組のツイート数を増やすのに貢献した面はあるでしょう。

すでに、キンプリの公式アカウントには、記事執筆時点でツイッターが38万超、YouTubeは32万超、インスタグラムに至っては70万を超えるフォロワーがついています。

活動休止発表後の嵐のSNS全面解禁時は、ツイッターもインスタも120万超でしたので、さすがにその数値と比べると少なく感じる人もいるかもしれませんが、株式会社TOKIOの公式ツイッターが現在43万フォロワーであることを考えると、1日足らずでのフォロワー獲得数としてはやはり圧倒的な数値と言えると思います。

参考:嵐のSNS本格解禁は、日本のネットの地位を根本的に変えるかもしれない

日本のテレビとツイッタートレンドの相性は抜群

もちろん、日本のテレビ番組の話題が、世界のツイッタートレンド1位になるというのは、実は極端に珍しい話ではありません。

昨年おおいにお茶の間を沸かせたTBSのドラマ「半沢直樹」は毎週のようにトレンド世界一を叩き出していましたし、日本は世界でもトップクラスにツイッターが愛されている国ですので、実は世界のトレンドに日本の話題が並んでいるのは日常茶飯事でもあるのです。

参考:半沢直樹の5週連続トレンド世界一に学ぶ、テレビとツイッターの理想の形

今回は番組内でも、キンプリのメンバーが日テレの情報番組で見切れたらツイッターのトレンド1位になれるかという企画が実施されており、番組がツイッタートレンドを意識しているのは明確でした。

そういう意味では、今回のトレンド1位はスタッフからすると狙い通りだったような印象があります。

実際、今回のキンプリの冠番組の放送の裏で、TBSでは同じくジャニーズのアイドルグループSnow Manの冠番組も放映されており、この番組の公式ハッシュタグ「#それスノ」も、実はツイッタートレンドの世界2位につけていた模様。

このSnow Manの番組は、昨年特番として放送されていた際に、ツイッター世界トレンド2位を獲得して話題になっていたようです。

参考:Snow Man初冠番組「それスノ」が世界トレンド2位に!

こうした放送と同時にツイートを集中させるというのは、地上波で同時に放映されるテレビ番組ならではの取り組み。

いつでも自由に視聴が出来るNetflixやHuluのような動画配信サービスでは、難しい仕掛けではあります。

若者のテレビ離れがいわれてひさしいですが、やはり日本のテレビのツイッタートレンドとの相性の良さを感じる逸話と言えるでしょう。

関東ローカルでも世界1位を取れるファンの熱量

さらに興味深いのは、今回の日テレのキンプリの番組も、TBSのSnow Manの番組も、関東圏での放映が中心で、全国放送ではないという点です。

当然ツイッタートレンドを考えると、全国で同じタイミングで視聴できる方がツイート数も増えますし、トレンド入りもしやすくなります。

関東ローカルのみでの放映で世界トレンド1位を取ってしまうというのは、やはりキンプリのファンの熱量が圧倒的であることの象徴と言えるでしょう。

これまで、ジャニーズのアイドルグループは基本的に公式SNSは運用しておらず、あまり積極的にSNS連動企画を実施している印象はありませんでした。

ただ、今回のキンプリのようにジャニーズのアイドルグループが、地上波のテレビ番組と一緒に本気でツイッタートレンドを狙いに来れば、日本のトレンド1位はもちろん、世界トレンドの1位も狙って取れることが明確になったことになります。

アイドルグループの番組がツイッターの世界トレンド1位を狙って獲得したケースというと、2017年に元SMAPメンバーである「新しい地図」の三人がAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」で達成したときが最初だったように思いますが、これは森くんのサプライズ登場で獲得されたものでした。

参考:元SMAP72時間テレビで振り返る、SMAPファンの凄さ

日本テレビやTBSのような地上波テレビが本気でジャニーズのアイドルグループと連携すれば、これからは番組ハッシュタグの世界トレンド1位獲得は珍しい出来事ではなくなるのかもしれません。

キンプリはすでに24時間テレビのメインパーソナリティを務めることが発表されており、秋以降に冠番組がレギュラー化されるという噂もありますから、次回以降の企画が楽しみな人も多いでしょう。

これからキンプリの成功に影響され、ジャニーズの他のグループの間でもSNSとテレビを連動させた企画が増えていくことを楽しみにしたいと思います。