トランプ政権のロシアゲート捜査を指揮する特別検察官が発言 「正直でなければ、信頼は得られない」

高校の卒業式でスピーチするモラー特別検察官(CNNから)

トランプ大統領の陣営とロシアとの不透明な関係を捜査するロバート・モラー特別検察官が高校の卒業式でスピーチし、「正直でなければ人々の信頼を得ることはできない」と説き、トランプ大統領を指したものじゃないかと話題になっている。

(参考記事:トランプ米大統領弾劾求める声強まる ロシアに最高機密提供の疑いが浮上)

司法省によって特別検察官に任命されたロバート・モラー氏は、28日、マサチューセッツ州の高校の卒業式で来賓として挨拶。

この中で、「正直でなければ、他の何で秀でていても意味はない」と語った。そして次の様に話した。

君たちは賢いかもしれないし、積極的にいろいろなことに取り組むかもしれないし、物事を理路整然と語れるかもしれないし、説得力も有るかもしれない。しかし、君たちが正直でなければ、人々の信頼を得ることはできないだろう。そして、一度でも信頼を失えば、それを取り戻すのは難しい

更にモラー氏は次の様に語った。

昔から言われるように、誠実であることは何にも勝るし、逆に何事も誠実さ無しには達せられない

モラー氏は、ロシア政府が2016年の大統領選挙に関与した問題を捜査するために司法省によって特別に任命された。FBIの長官が解任されるなどし、トランプ政権下で捜査の独立性が問われる時期だけに、その活動が注目されている。

(参考記事:FBI長官の解任はトランプ大統領本人の意向だった)

モラー特別検察官は72歳。解任されたコミー氏の前のFBI長官で、911をはさんで12年間にわたってFBI長官を務めた。

この問題をワシントンで取材しているジャーナリストは次の様に話す。

「モラー特別検察官は、自らのチームを率いて捜査を行う他、(司法省傘下の)FBIとも連携して捜査を行うものと見られている。既に、FBIの幹部からこれまでの捜査の経緯について説明を受けたとの情報も有る。高校でのスピーチは、全ての関係者が自分に向けられていると思っただろう。トランプ大統領はどうかって?それを最も自覚していないかもしれないところが、あの大統領の残念なところだとは思う」

(参考記事:FBI長官解任でトランプ米大統領の姿が辞任した大統領とダブリ始めた)