Twitter CEOのジャック・ドーシー氏が退任を発表しました。2015年にCEOについてから現在までに、黒字化や新たな収益源の確保など、Twitterの低迷時代を切り抜ける原動力となった共同創業者が退くことは、大きなニュースとして報じられました。