日本の5Gは2~3年遅れるかもしれない

2020年、各国が5Gの爆発的普及を狙う中…

Appleの2020年第1四半期(2019年10~12月)決算は、iPhoneの復活、ウェアラブルとサービス部門の急成長によって、売上高を8.9%成長させ、過去最高を記録しました。米国市場が絶好調なのは言うまでもありませんが、欧州もきっちりと伸び、長らく不振が続いていた中国市場すらプラス成長を記録しました。

しかし、Appleが分けている世界5つの市場のうち、唯一マイナス、しかも10%に迫る規模で売上高を失った市場がありました。それが日本です。

日本のスマートフォン市場で、iPhoneは善戦こそしていました。Appleは決算発表後のカンファレンスコールで、「日本のスマホ販売上位7機種のうち、6機種がiPhoneだった」と、iPhone大国だった日本でiPhone人気が途絶えたわけではないことを強調していました。

では、彼らが語ったその原因とは何でしょうか?そして、2020年、5G開始に沸く通信業界に水を差しそうな理由について考えます。

----

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2020年1月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事1本)

2020年1月号の有料記事一覧
  • 日本の5Gは2〜3年遅れるかもしれない

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ