ホテルとメディア双方が仕事相手である筆者ならではの思いや考察