11月を迎え、2021年度の予算編成はこれから山場を迎える。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大という前例のない状況の中で、来年度予算の概算要求を、例年より1か月遅れの9月末に締め切った。

各省庁から出された、一般会計の要求・要望総額は105兆4711億円となり、過去最大規模となった。

概算要求の締め切りを1か月遅くしたことから、年内には来年度予算政府案を取りまとめるまで、予算編成過程は例年より1か月短くなり、その決着は急がれるものの解決すべき課題は山積している。

2021年度予算編成では、どの分野の予算でどこが焦点となるのか。分野ごとに見ていこう。

政策的経費で最大となる社会保障では、やはり