財投復活っ!今般成立の第2次補正予算で大幅増

第2次補正予算で、財政投融資は大幅に増額され、過去最高水準に達した

2020年度第2次補正予算は、通常国会最終盤の6月12日に可決成立した。第2次補正予算では、第2次補正予算で、拙稿「またもや記録破りの・・・」でも記したように、一般会計歳出総額が補正予算の規模として最高額となり、国債増発も最高水準、おまけに史上最大10兆円の予備費が盛り込まれるなど、何かと一般会計に注目が集まった。

しかし、史上最大になったのは、一般会計ばかりではない。

実は、財政投融資も計画額として史上最大となった。冒頭のグラフにも表れているように、当初計画(当初予算と合わせて策定)の13.2兆円に加え、

この記事は有料です。
慶大教授・土居ゼミ「税・社会保障の今さら聞けない基礎知識」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

慶大教授・土居ゼミ「税・社会保障の今さら聞けない基礎知識」のバックナンバー2020年6月サンプル記事

土居丈朗

価格

550(記事2本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

日常生活で何かと関わりが深い税金の話や、医療、介護、年金などの社会保障の話は、仕組みが複雑な割に、誰に聞けばよいかわからないことがままあります。でも、知っていないと損をするような情報もたくさん。そこで本連載では、ニュース等の話題をきっかけに、税や社会保障について、その仕組みの経緯や込められた真意、政策決定の舞台裏を、新聞や公式見解では明らかにされない点も含め、平易に解説していきます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1970年生。大阪大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。慶應義塾大学准教授等を経て2009年4月から現職。主著に『地方債改革の経済学』日本経済新聞出版社(日経・経済図書文化賞とサントリー学芸賞受賞)、『入門財政学』日本評論社、『日本の財政をどう立て直すか』日本経済新聞出版社、『入門公共経済学』日本評論社。行政改革推進会議議員、政府税制調査会委員、社会保障制度改革推進会議委員、財政制度等審議会臨時委員、産業構造審議会臨時委員、中央環境審議会臨時委員も兼務。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    極端になっている近年の台風 令和2年の少ない発生と上陸ゼロ饒村曜9/30(水) 5:00
  2. 2
    護衛艦「かが」、「いずも」に続いて空母へ。F35B搭載の改修費231億円を要求。カタパルトは設置せず高橋浩祐9/30(水) 16:34
  3. 3
    菅政権下で戦場記者が絶滅する理由―あの人物が続投、戦後初の暴挙志葉玲9/30(水) 11:48
  4. 4
    杉田水脈議員はなぜ「ネット右翼界」の寵児になったのか?その源流「出版社X人脈」を探る古谷経衡9/30(水) 7:00
  5. 5
    新型コロナ対策で「従業員の私生活」を制限 企業に許されるのはどこまで?【#コロナとどう暮らす】佐々木亮9/29(火) 8:00
  6. 6
    謎の種送り付けに続く、謎の中国語の国際電話、その正体が判明!? 追記:被害発生状況 多田文明9/29(火) 10:00
  7. 7
    天皇陛下と雅子さま、そして佳子さまも… コロナ禍における公務の新たなスタイルつげのり子9/30(水) 10:00
  8. 8
    コロナ禍の運動会も曲がり角 だれのための運動会?妹尾昌俊9/29(火) 16:16
  9. 9
    ワタミがホワイト企業になれなかった理由は? 勝手に勤怠「改ざん」システムも今野晴貴9/30(水) 9:03
  10. 10
    「反対した官僚は異動」は岸田・石破両氏も発言していた 元最高裁判事インタビューに見る政治報道の問題点楊井人文9/30(水) 18:14