<ガンバU-23>沼津戦は食野の2ゴールで2点のリードを奪うも逆転負けを喫する。

J3リーグ最多得点数を誇るアスルクラロ沼津を迎えてのホーム戦。立ち上がりから集中して試合に入ったガンバ大阪U-23は、19分に右サイドからのグラウンダーのクロスを受けたMF食野亮太郎がJ3初ゴールを決めて1-0で折り返す。後半も開始5分という早い時間帯に再びMF食野がゴールを奪い、相手を突き放したが、54分にミスから失点を許すと一気にバランスを崩し、終わってみれば2-3。悔しい逆転負けを喫した。試合後のガンバ大阪U-23監督、選手のコメントをお届けする。

●宮本恒靖U-23監督

前節、厳しい試合、スコアになったところのリアクションをしっかりしようと選手とも話をして試合に入りました。立ち上がりからしっかりと相手のボールを奪う、ゴールに迫るという動きもありましたし、1-0になるまで苦労しましたけど、2点目を取る、追加点を取るというところまではいい試合をしていたと思います。残念ながら、ミスが出て流れがガラッと変わってしまったので勝てなかったですが、全体を通して、選手はひるむことなく、体格もある、パワーもある、スピードもある相手に対してしっかりと勝負をしていましたし、前回の試合に比べてもたくさんいい点が見られたし、次に繋がるものもたくさん見られた試合だったと思います。残念なのは勝てなかったということです。

ー和田くんをトップで、2シャドー気味にした形が、久しぶりだった割にはいい絡みを見せましたが、その評価と、平尾選手を左サイドで起用されたのは、沼津の右サイドのケアを意識してのことだったのでしょうか。

(和田)健太郎も久しぶりでしたが、こういう相手に対して彼の持っているタレントが生きると思って起用しましたし、(食野)亮太郎にしても、(高江)麗央にしても、そういうパートナーがいることで前を向いてプレーする機会が多く作れたと思います。個人的な思いとしては「90分、いけるかな」っていうのもありましたが、よくやってくれたと思います。平尾に関しては相手の右サイドを抑えたいのもありましたし、彼自身、従来の右サイドでの攻め上がりという部分が…本人とも話をして、少しうまくいっていないというところもあったので。昔ユース時代に攻撃的なポジションをやっていたときは左サイドをやることが多かったということを踏まえ、そういうところをより引き出せるようにしたいという狙いもありました。何度かそういうシーンもありましたし、両方できればよりいいと思います。結果的に右にもっていった(足立)翼がまたああしてアシストもしてくれたので、狙いとしてはうまくいったように感じました。

ー食野選手の今日の2得点に対する評価と、一時期、U-23に戻ったばかりの頃は、ウイングバックでプレーすることもありましたが、最近はより攻撃の持ち味が出るポジションでプレーしている中での狙い、それについての評価を聞かせてください。

選手をどこに起用すれば、試合がうまくいくのかなっていう部分から考えているところもありますし、個人的にウイングバックで出している時というのは、彼はどうしても、オンの部分の選手ですから。オフのところで…相手の動きに対してしっかり守備に入るとか、奪いに行くという狙いをもったプレーができないとプロとしてやっていけない、ということは個人に伝えていますし、今日に関しても点は取りましたが、もっとやらないといけないと思います。具体的には、ボールを受けてさばいてスペースに走るとか、2-1にされたあと、流れが悪くなった時に自ら進んで戦況を読んで守備にまわるとか、そのへんの気づきだったり、チームを助けるために何ができるのか、必要なのかをもっと感じられるようになってもらいたい。そういうことを感じられるようになればもっと良くなっていくと思います。残り試合の中でそういうことを要求しながらもっともっと伸びていってもらわなきゃいけないと思っています。

●MF平尾壮

(監督によれば、もともとユース時代にやっていた左サイドで、攻撃面での良さを思い出して欲しいという狙いもあっての攻撃的な選手で左サイドでの起用だったようですが)そうですね。高校生の時にずっとやっていたポジションで、だからこそ、もっとドリブルで積極的に仕掛けたかったのですが、なかなかそういう場面も少なかった。チームメイトも僕の左での特徴をわかっていなかったのもあったと思うんですけど、もっと特徴は出せたんじゃないかと思うし、自分としては守備に追われたので、不完全燃焼です。1週間の練習の中では結構いい感じで点も取れていて、遜色なくプレーできていたんですけど、練習でのプレーをピッチで出せなかったのが悔しいです。(2点のリードを奪いながら勝ちきれなかったことについて)1失点目をああいう形で失って、でもリードしていた中で、崩れずにやらないといけなかったのに僕のサイドを崩されてしまって、結果的にその選手にPKをとられてしまった。自分のミスで2点目を決められてしまったので、そこからなおさら攻撃にかかりたかったんですが、なかなかそういう場面も少なくて難しい試合になった。勝ち切らないといけない試合だった。リードもできていたし、1失点目を喫するまでずっとボールも持てていたのに、点を取られたあとにバタバタして、自分たちが試合を難しくしたという印象だった。僕とか亮太郎のところでもう少しボールを落ち着かせなければいけなかったと思います。

●FW和田健太郎

前線で起点にならなきゃいけなかったのにあまりなれず、ボールロストも多かったのでまだまだ改善点があるなと感じました。練習でも僕のところでおさめて、周りがしっかり枚数をかけて入ってくるということをやっていたので、そういう形をもっと出せていけたらよかったですけど、バイタルエリアに通った時のゴール前での質とか、僕自身にもミスが多かったし、そういうところがまだまだできていないと感じたところだし、改善が必要だと感じました。(食野くんの2点目は相手をしっかりひきつけた中で生まれた得点でしたがお互いの特徴を理解した上でのプレーだったのでしょうか)亮太郎とかユースの時から一緒にやっていたし、いいボールをくれて、また返したら点になるなと思ったので、ゴール前でフリーだったのでまた返しました。(2点をリードしながら逆転される悔しい結果になりました)やっぱり2点リードしていた中で2-0とか一番逆転されやすいスコアだし、そこで甘さが出たというか。チームとしてそういうところでしっかり入れたら連続失点はなかったと思うので、最低でも引き分けに持ち込みたかったというのはありました。

●MF食野亮太郎

1失点してからドンと落ちたので…しかもやられ方もやられ方で、やばいなっていう雰囲気の中で自分としてはもう1点取れたシーンもあったので、そこで決められていたらもう一回チームに落ち着きをもたらすことができたと考えても、そこは反省です。(和田くんともやりやすそうでしたね)健太郎くんが合流してから監督が、練習の中でも健太郎にあててどんどん入っていけという練習をしていたし、練習通りのプレーが出せました。(U-23に上がってきたばかりの頃はウイングバックなども多くなかなか得点に絡めなかったけど、最近は前目のポジションを預かる中でこうして得点に絡めた)はい、それは自信になりますし、これからもっとバリエーションは増やしていきたいです。インサイドハーフの方がよりゴール近くでプレーできるので自分の良さも出せると思うし、もっとゴールでチームに貢献して結果を残して早く上にあがりたい。(2点目も和田くんをうまく使いましたが、視野を広く持てていたからこそのゴールだった)そうですね。ああいうところで視野を広く持てたしああいうところでパスを出したというのが自分の成長でもあると思うし、それがあって最後、自分にこぼれてきたのかなと思います。