クーデター未遂を生き延びたエルドアンは、政治的には飛び鳥を落とす勢いである。もともとカリスマ的な存在の指導者であったが、それに輪をかけて神がかってきた。